2019年02月23日

意外と共通語が多い日中語

中国で日本語を教え、同時に中国語を学んで驚いたのは、思っていた以上に共通語彙が多いことだった。
もちろん読み方が大きく異なるので、覚えることは多いのだが、学習のハードルが比較的低いことは間違いない。
こう言うと半信半疑で聞かれることが多いわけだが、実際に見てみると分かりやすい。
ちょうど今現在、後期授業に向けて準備しているある授業の新出単語である。
・つぶやき=嘟哝
・幹部(かんぶ)=干部
・打撃(だげき)=打击
・対象(たいしょう)=对象
・強硬策(きょうこうさく)=强硬策略
・支持者(しじしゃ)=支持者
・赤字(あかじ)=赤字
・採用(さいよう)=采用
・研修(けんしゅう)=进修
・取材(しゅざい)=采访
・長期戦(ちょうきせん)=长期战
・貿易摩擦(ぼうえきまさつ)=贸易摩擦
・取引価格(とりひきかかく)=交易价格
・意味不明(いみふめい)=没有意义
・救済措置(きゅうさいそち)=救济措施
・訴追(そつい)=起诉
・傷つく(きずつく)=受伤
・芳しい(かんばしい)=芳香、非常好
・知的財産権(ちてきざいさんけん)=知识产权

漢字が簡体字であるため、読めない箇所もあろうが、簡体字の法則さえつかんでしまえば、想像以上の共通度である。
ただ、どうにもならないのはカタカナ語で、これは中国人学習者が苦手とするところになる。さもありなんだ。
・オウンゴール=乌龙球(own goal)
・アプローチ=方法(Approach)
・アクション=动作、行动
・シェア=分享、份额

以上だけ見ても、中国語話者が日本語能力検定などに圧倒的に有利である理由がよく分かるだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする