2019年02月28日

GMT「Stalin's War」初プレイ

発売から9年を経て初プレイとなった「Stalin's War」。
ケン先生も発売されて間もなく購入した上、オークションで安く売られていたハードマップまで入手したものの、お蔵入りしていた。
と言うのも、ネット上において「名称に反してソ連必敗」説が流布されていたからだった。
しかし、「カードドリブンとヘクスの折衷案」「一日でプレイ可能な独ソ戦キャンペーン」という魅力もまた大きかった。

214.jpg

その後、一定のルール改定がなされ、一度プレイしてみたいと思っていたが、昨夏には間に合わず、今回の帰国時になんとか実現した。
事前に一人プレイしてみたところ、秋にはモスクワが半包囲されてしまい、「やっぱダメじゃん」と思っていたところ、冬ターンに到着したシベリア軍団(特に打撃軍)が恐ろしいほどの猛威を振るい、ドイツの装甲軍団はほぼ全て裏返って、3分の1近くが除去されてしまい、「ブラウ作戦とか無理なのでは?」と思う事態に陥った。
この振れ幅の大きさは気になったものの、独ソ戦らしいと言えば独ソ戦らしかったので、先輩方にプレイを打診して実現した。

ソロプレイの感触では、ドイツ軍は損害を顧みずに攻撃を続け、突進しないと、すぐに雲霞のごときソ連軍の海に埋没してしまいそうだったため、私がドイツの北・中欧を持ち、O先輩に独軍南部、K先輩にソ連軍を持ってもらった。
9時半に集まり、17時半までの8時間で、1941年秋終了まで2プレイ。初めての割には悪くない案配。「一日でキャンペーン」は無理としても、いいところまで進めそうな感じだった。

WeChat Image_20190223204805.jpg

だが実戦一回目、独軍は第一ターンに「グデーリアン」カードが炸裂して装甲軍団がミンスクを包囲してスモレンスクにまで突入。
第二ターンには至る所で赤軍が包囲され、続々と登場した増援も各故撃破にあってしまう。
しかし、ドイツ軍は秋までにモスクワ前面に到達したものの、総統から攻撃許可が下りず、何故か方面違いのレニングラード攻撃を命令されてしまう。やむを得ず、レニングラードを攻撃するがダイスが炸裂して一回の攻撃で陥落。
その後、北部からゴーリキーとモスクワを包囲する形となり、秋ターン終了時にはモスクワが完全包囲され、どうにもならない形となり、投了。

二回目、ソ連軍は後方に防衛線を敷き、きれいな戦線をつくってスモレンスク〜ハリコフ線で守ろうとするも、ドイツ軍はスルスルと前に出てくる。攻撃するには作戦ポイントを割り振る必要があるが、ソ連軍がサッサと撤退したため、余裕がある状態となった。
しかし、戦線がきれいであったがために、逆にモスクワ前面は薄く、カリーニンとツーラの南北から突破、スターリンに逃げる暇すら与えずに、モスクワを完全包囲する形で秋ターンが終了するところとなった。南方ではルーマニア第二軍がセバストポリを強襲、陥落させていた。

いずれの場合も、ドイツ軍が二回連続して作戦行動をとると、ソ連側は大惨事に陥っている。
いずれの場合も、ドイツ軍の装甲軍団は大部分が裏返っており、除去された軍団もあるくらいのダメージは被っているが、ソ連側は継戦能力を失っている。
独軍は「こんな状態でまだ行けるのか」「冬の反撃に備えるべきか」という悩みが深いが、今回は無理押ししたのが功を奏しただけで、一歩間違えれば、独軍側が大変なことになっていたかもしれない。

恐らくソ連側は戦線を張るのでは無く、補給線となる鉄道分岐点で拠点防御をしつつ、独軍の側面を脅かすような遊撃部隊を側面に配置、できるだけ戦略予備を後方に配置するという「マネージメント」が必要なのだ。
ドイツ軍の進撃がどの辺まで来るかを予測して、広い戦線では無く、部分的な縦深陣を配することが求められそうな気がする。
この意味で、本作はドイツ軍よりもソ連軍担当者に特殊なセンスが求められるようなイメージだ。

確かにネットの評判通り、ドイツ軍が有利な気はするが、ソ連側はかなりドイツ側にダメージを与え、攻撃もでき、決して一方的に殴られるわけでは無い。
ドイツ軍にしても、普通に攻撃しているだけで損害が蓄積するので、どこで攻勢限界を判断すべきか非常に難しい。
そして、何よりユニット数が少ない割に、非常にダイナミックな展開となり、予測不可能性が非常に独ソ戦初期の混乱をよく表している。
もちろんプレイ・アビリティも高い。

「要研究だが、ロシフロよりもプレイしやすく、やれそうな気がする」ということで合意、今夏再戦することとなった。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする