2019年03月06日

親の責任で子どもを国外追放する「人権大国」

【日本に生まれ育ったイラン国籍少年の強制送還 「無効」認めず 東京地裁】
 日本で生まれ育ったイラン国籍の少年(16)が、父親の不法滞在(オーバーステイ)での逮捕を機に入国管理局に退去強制令書を出されたのは、社会通念に照らして著しく妥当性を欠くとして、国を相手取り無効確認などを求めた訴訟で、東京地裁は28日、原告側の訴えを退ける判決を言い渡した。少年側は「ペルシャ語を話せず、イスラム教徒でもない原告が、イラン社会に適応することは困難」と主張したが、清水知恵子裁判長は少年に責任がないことを認めつつ「客観的にみれば法秩序に違反する」と判断。原告の支援者は「少年の人権を踏みにじる判決」と批判した。
(2月28日、毎日新聞より抜粋)

一方では外国人労働者の受け入れを拡大して、他方では国際会議に出席した外務省幹部が「日本は世界一の人権国」などと叫んで、足下ではこの有様。というか、これが日本の現実。
確かに法秩序には反するだろうが、その責任を子どもに負わせ、生活も人権も保障されない国に追放するのは非人道のなせる業である。
最高裁で非人道な判決が下されるのは「いつものこと」だが、地裁でこれは酷すぎる。まぁ東京地裁というのが運が悪かったとは言えるだろうが。
これからさらに増えるであろう外国人がどのような仕打ちを受けるのか、報道機関はよくよく海外に向けて報じて欲しい。
それにしても、一体何のための三権分立と憲法なのか、全く分からない。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする