2019年03月15日

陸軍人事―その無策が日本を亡国の淵に追いつめた

WeChat Image_20190311141406.jpg
『陸軍人事―その無策が日本を亡国の淵に追いつめた 』 藤井非三四 光人社NF文庫(2013)
『昭和の陸軍人事―大戦争を戦う組織の力を発揮する手段 』 藤井非三四 光人社NF文庫(2015)

いわゆるミリオタは見向きもしないだろう一冊だが、これが超面白い。
日本陸軍の人事がどのような制度の下に、運用されていたのか、そしてそれがどのように戦争に影響したのかを解説している。
とにかく「なるほど!」と思ったのは、226事件で多くの将校を予備役に入れたものの、その多くは「いつか現役復帰させてやるから」と空手形を切った上でのことだった。その翌年に盧溝橋事件と上海事変が起こり、日華事変・日中戦争に突入すると、大動員のために現役復帰し、皆サルのように戦争を支持したという。同時に、戦時編制と師団増説が続き、連隊長以上のポストが大売り出し状態となって、これもまたバンザイ状態になったという。

また年功序列と成績主義が蔓延しており、戦時でもそれが優先された結果、「無天(非陸大卒)でこの序列では連隊長はダメ」「大佐を6年やらないと少将にはなれない」などということが戦争中でもまかり通り、殆ど選択肢の無い人事で戦争を戦っていたという。
言われてみれば、長妻氏の話によれば、民主党政権時に大臣として厚労省の人事を主導しようとしたところ、全く同じようなこと(このポストはこの経験が無いとダメ、あのポストはあの大学卒の占有地みたいな)を人事部長に言われ、「大臣の人事権など無いも同然じゃ無いか!」と声を荒げたことがあるという。それでも無理に人事権を行使したところ、内部から刺されてしまったところがあるらしい。

その一方で、人事権の恣意的な行使もなされ、有名どころでは服部や辻のケースがあるが、かの栗林忠道も、第23軍参謀長として香港攻略戦における部下の不手際(独断専行)を咎められ、陸士26期の中将進級一選抜から外されたあげく、留守近衛第二師団長から寄せ集めの第109師団を任され、南方に飛ばされたのだという。「アメリカ帰り」「仲間(後ろ盾)の少ない騎兵科」ということもあっただろう。

ここで比較してみたいのはアメリカ軍である。
ニミッツ提督が開戦時に少将だったことは有名だとしても、アイゼンハワーは1941年3月に大佐に昇進したばかりで、それが1年3ヶ月後には中将になってヨーロッパ戦域の連合国軍最高司令官に就任している。マッカーサーに至っては、1930年に一度退役(名誉昇進で大将)したのに、1941年7月に少将として現役復帰を果たしている(翌日中将に昇進)。
アイクと同期のブラッドレーが大佐になったのは1941年2月で、この時すでにパットン(ウエストポイント3期上)は少将に就任していたが、1944年のノルマンディー戦においてはアイクが最高司令官、ブラッドレーが第一軍司令官、パットンは第三軍司令官となっている。
このパットンは、1912年に士官学校を卒業して、第一次世界大戦の終了時には大佐にまで昇進したが、大戦終結と共に少佐まで格下げされている。いかにもアメリカを象徴する事例であろうし、日本では考えられない話だ。
また、中将以上の階級は基本的に役職に付随するもので、退役する場合はその階級のまま退役できるが、現役を続ける場合は次の役職によっては降格になる場合もある。これも日本では考えられない話だが、極めて合理的な発想である。

政治を担っていた者として、読んでいるだけで色々ダメージの入る一冊だが、示唆するところが非常に多く、お薦めしたい。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする