2019年03月23日

日本人は短気すぎ、外交はタフに

【ロシア次官「交渉はまだ入り口」 平和条約で日本側に表明】
 森健良外務審議官は21日、モスクワでロシアのモルグロフ外務次官と会談し、両国の平和条約締結問題を協議した。冒頭、モルグロフ氏は「平和条約交渉はまだ入り口で、双方の立場には大きな差異がある」と指摘した。森氏は、日ロ関係の発展はアジア太平洋地域の安定と繁栄に貢献するとし「長年にわたり未解決な困難な問題を解決し、平和条約を締結することが肝要だ」と述べた。次官級協議では、河野太郎外相とロシアのラブロフ外相の過去2回の会談結果に沿い、日ロ間の歴史的、政治的な諸問題を協議する。ラブロフ氏の日本訪問の時期が決まるかどうかも焦点だ。
(3月21日、共同通信)

ほんこれな話、ロシア人の言うとおりである。
日本人は二言目には「あいつらは真面目に交渉する気が無い」などと言って、交渉を止めようとしてしまうところがある。
今回の日露交渉については、むしろリベラル派を中心に「ロシア人どもの虚言に惑わされるな」「四島返還から一歩も譲るな」と叫んでいるが、まさに私が連中と手を切った最大の理由でもある。

何度も述べているが、ロシア人が交渉において高いハードルを出してくるのは「いつものこと」であり、その後は信じられないほど妥協してくるケースが少なくない。確かにロシア側が圧倒的に有利な時は、妥協しないケースもあったが、今はNATOと中国に囲まれる中で、そのような余裕は無い。

日露戦争開戦前の交渉では、ロシア側は朝鮮の全面放棄まで提起してきたし、ポーツマス交渉では領土割譲に合意、全面戦争になってもおかしくなかったノモンハン交渉では、ソ連側が大きく譲歩して「現状線」で妥結している。

逆に日本は、日露戦争に際しては「ロシア側は交渉を引き延ばしているだけ」と一方的に交渉を放棄、奇襲攻撃を行っている。また、日中戦争に際しても、南京陥落で戦意を喪失し掛けていた国民政府が回答期限の延長を求めてきたのに対し、近衛内閣は「いつもの引き延ばしだ」「誠意が無い」と断じ、「爾後国民党政府を対手とせず」との声明を出して、自ら和平交渉を閉ざしてしまった。

【参考】紛争解決に交渉は不可欠

今回の米朝交渉についても、日本では「米朝交渉は破綻、第二次朝鮮戦争」などと煽る意見や報道が幅をきかせているが、百害あって一利無きものである。
外交はとにかくタフに主張し、交渉する他ない。特にロシア人との交渉は体力と精神力が求められるわけだが、諦めさえしなければ得られるものが大きいことを自覚すべきである。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする