2019年04月01日

立民がまたもヘイト候補

まだ報道ベースには出ていないようだが、比例候補でヤメ検弁護士としてテレビに出ている落合氏が嫌韓感情丸出しなヘイトスピーチをツイッターで繰り返していただけでなく、過去にも他者に対する不快な暴力的言動を繰り返していたことが判明した。当人は「評論家的言動」であって、本意では無いとして一方的に謝罪して、当該ツイートを削除したが、魚拓がとられて出回っている。

TIさんには恐縮だが、これは秘書の問題では無い。
こんなものは調べればすぐに分かることで、私の場合はせいぜい「他の秘書より早く、深く探せる」程度の話でしかない。芸能人のツイートなど、見ればすぐに分かることだし、落合氏の場合は直近のツイートでもあるから、一目で十分なはずだった。

つまり、落合氏について、福山幹事長や長妻選対委員長は全く調べもせずに候補にしていたことのだろう。そして、調査すら命じなかったということだ。落合氏については、「幹事長の一存」という話もあり、個人的なツテで候補にしてもらったのかもしれない。
両事務所とも、秘書の人員は一年生議員レベルで(国会事務所に一人か二人)、とうてい野党第一党の大幹部を担うような態勢にない。また、立憲民主党の本部は「次で無くなるかもしれない」との認識から最低限の人数しか置いておらず、幹事長や選対委員長を支えるだけの十分な党職員もいない。
そして、この両者とも他者と相談するような人間ではなく、非常に独善的であるため、秘書や職員と相談するようなこともないため、こうしたつまらないミスが連発するものと思われる。この点でも、立民は自民党どころか旧民主党にすら及ばない組織(人的水準を含め)となっている。

この落合氏の場合、もともとは自民党からの出馬を希望して、内部選考で落ちているくらいなのだから、そもそも「自民党からお断りされた物件」なのである。それを拾って候補者に据えるのが立民であり、当選して民進からあぶれたものを掬い上げているのが自民党であることを考えれば、その戦力差は戦えば戦うほど拡大するのは明らかだ。

旧民主党も「自民党の二軍」と言われていたが、現在の立民の候補者や議員の中にも「自民党の公募に落ちた」人間が少なからずおり、そんな人物でも擁立しなければ「数が足りない」というのが実情だ。
この辺は私が永田町を去った副次的な要因と言える。

ネット上では「そうは言っても、投票先は立民しか無いじゃないか」という言説も稀に見られるが、なぜヘイトスピーチが見られないNK党や社民党ではダメなのか、彼らの主張は全く理解できない。「勝てそうなところを応援する」というゲーム的発想が、立民のような理念の無いキメラ(でも失敗作)のような政党をのさばらしているのだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(9) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする