2019年04月13日

【宣伝】『芳華』

本日日本で公開される中国映画。これがなかなか凄くてイイ。
1970 年代の中国、軍隊芸術団に青春を捧げる青年たち。 劉峰(リュー・フォン)は純朴で人助けが好きな好青年として仲間に信頼されている。何小萍(フー・シャオピン)は希望と 理想を持って芸術団に入団したが、農村出身であるため芸術団の先輩たちにいじめられている。激動の時代、恋の動悸、 人々が運命に翻弄され、思わぬ結末に...

1970年代の「文工団」を舞台とした青春群像劇あるいはラブストーリーなのだが、「文革」「バレエ」「中越戦争」という、ケン先生的には「盛り込みすぎでは?!」というくらい萌え要素満載となっている。実際、前半部と後半部では全く別の映画になってしまっている向きは否めないのだが、決して悪いわけではない。


『芳華』 馮小剛監督 中国(2017)

文工団というのは、要は軍の慰問部隊のことで、ソ連の赤軍合唱団に女性を加えたものと考えれば良いだろう。
ヒロインは父親を労働改造所に送られて、単身文工団に入団するが、それを理由にいじめられてしまうが、努力と根性で認められてゆく。かなり少女漫画の王道すぎる設定ではあるが、文革という背景があるだけに、簡単には片付けられない。
この文工団には多くの少女が所属していて、主に舞踊(中国バレエ)を担っている。舞踊の練習シーンも非常に美しく描かれているのだが、ロシア・バレエ好きのケン先生的には「やっぱソ連・ロシアの方がスパルタだな」などと思ってしまう。

後半に入ると、毛沢東の死を経て、中越戦争が勃発。解放軍の一部である文工団も当然動員され、ヒロインが恋心を抱いていた先輩は、団内で起きた不祥事から最前線送りにされてしまう。そして、二人はそれぞれ心身にダメージを受けて終戦を迎え、文工団は解散、改革・開放時代に突入してゆく。

前半の王道過ぎる少女漫画っぷりと、後半の戦争・戦争後遺症の描かれ方のアンバランスさが、なかなかに上手に融合され、描かれており、ハリウッド映画にありがちな「パンシャブの構造」(恋愛と戦争を一緒に描くな!)に(ギリギリのところで)ならずに済んでいる。

特に中越戦争で中国側がボコボコにされるシーンだけでなく、傷痍軍人やPTSDについてまで真正面から描いていることは、正直なところ良く公開が許可されたと驚きを禁じ得ない。実際、公開直前に当局のストップが掛かって、延期されたというのだが、果たしてどこが検閲・削除されたのか分からないくらいだ。この点だけでも、十二分に見に行く価値がある。当局による言論規制が強まっていると言われつつ、ここまでの表現は認められるということを確認できよう。

ただソ連・ロシア学徒的には、全体的に美しく描かれ過ぎており、わずかに「きれいすぎる」「ゆるい」不満が残ったことは否めない。ケン先生はどうしても中国をソ連・ロシアと比較して、いつも「(良くも悪くも)ゆるいなぁ」と思ってしまうわけだが、ロシアの場合、「幸せは悪」くらいの徹底した悲劇・悲観主義が全てを覆っていて(そこまで不幸にしなくてもといつも思う)、それに慣れすぎているからだろう。
そもそも文工団に可愛らしい女の子が沢山いて、「きゃっきゃ、うふふ」状態なのも、赤軍合唱団愛好者の私的には、「そうじゃないんんだ!!!」と叫びたくなってしまう。

ちなみに、私は日本公開の話を聞いて初めて本作を知り、「見てみたい」と微信にアップしたところ、友人から「(ネットの)QQで見られるよ」と教わり、「5元」をスマホ決済で払って、そのまま鑑賞した。中国語字幕があるので、半分くらいは意味が取れる。いやはや、中国は超便利である。いささか味気ないとは言えるが。
posted by ケン at 00:00| Comment(6) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする