2019年05月02日

99周年、メーデー万歳!

メーデー万歳!

The_1st_Labor_Day_in_Japan.JPG

日本の第一回メーデーは1920年に東京上野で開催、八時間労働、失業防止、最低賃金制度が掲げられた。八時間労働制は未だに実現していない。
正確を期すなら、失業が最小限に抑えられているのは無権利状態の非正規雇用が就業者の四割を占めているからであり、また最低賃金は最低生活を保証する金額以下に留まっている。

img_0.jpg
1931年第12回メーデーのポスター

また今年はILO(国際労働機関)結成から100年でもある。
しかし、日本政府は現在に至ってもなお、ILOの国際労働条約第1号「8時間(週48時間)労働制の導入」(1919年)を批准していない。

1917年5月にロシア・ロスラヴリ市でストライキを決行した女性帽子職人組合が要求したのは、「一日八時間労働」「賃金50%アップ」「週休2日」「有給休暇」等だった。

2019年の日本を見た場合、「一日平均十時間労働」「一日平均一時間二十分の無給残業」「有休取得率50%(うち約20%は有休労働か、会社のイベント動員)」「通勤二時間以上」という具合。
労働組合の組織率は17%と5分の1を割り、労働力価値は資本によって一方的に買いたたかれる状態に置かれている。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする