2019年05月08日

立民はやっぱダメポ?

【「選択的夫婦別姓を」 枝野氏、参院選争点に】
 夫婦が望めば結婚前の姓を名乗れる「選択的夫婦別姓」の導入について、立憲民主党の枝野代表は4日、夏の参議院選挙の争点にする考えを示した。立憲民主党・枝野代表は、「夏の参議院選挙を通じて、選択的夫婦別姓ぐらい認められなくて、何が多様性だ、何が女性が輝く社会だということを力強く訴えていきたい」と述べた。
 東京都内での街頭演説で、枝野氏は「一銭も金がかからず、誰にも迷惑かけない」と指摘し、夏の参議院選挙で「選択的夫婦別姓」制度の是非を問う考えを表明した。枝野氏は、女性天皇だけでなく、女系天皇も容認する考えを示しており、自民党との対立軸を鮮明にしたい考え。
(5月5日、FNN)

枝野代表は相当に追い込まれているのだろうか。
「立憲民主主義は大変な危機」と煽ってみたり、突然野党共闘推進に舵を切ったりと、迷走ぶりを示している。

選択的夫婦別姓は重要な案件だとしても、それを争点にして国政選挙で安倍氏の自民党に勝てるかと言えば、まず無理だろう。選挙の争点としては弱すぎるからだ。
「女性天皇の容認」も同様だ。
これらはいかにもエリートによるリベラリズムの発想であり、同じくエリート層のリベラリストにしか訴えるものがない。どちらも非エリートにとっては、何の関係も無い話だからだ。
これでは、最低賃金のあり方を問おうとしている自民党の方が「ずっとマシ」という話になってしまう。

しかも、この二つは民主党政権時に検討されたものであり、自らが政権にあった時に実現できなかったものを、「あの時できなかったから、もう一度」というのは見苦しいにも程がある。
自分たちは真剣そのものなのだろうが、周りからすると、「ハイハイ、ご勝手に」ということになりかねない。

さらに言えば、この二つの論点はどう見ても、党内の議論を経て争点にしたものとは思えず、枝野氏あるいは大幹部レベルで勝手に合意してぶち上げたものだろう。
その意味で、立民は党内の統制あるいは民主主義が機能しているように見えない。

これらは、立民が七月の参院選、あるいは衆参同日選においてかなり苦戦することを暗示している。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする