2019年05月17日

サザエさんからクロ現へ・続

今回私が受け持った「日語視聴説」(日本語視聴覚)の授業で使う主教材について、アニメからドキュメンタリーに転換したという話は以前した。
感触的には「概ね問題無さそう」と感じていたが、最近は便利なツールがあって、SNSを使って簡単にアンケートが採れるので、実施してみた。ちょうど半分終わったタイミングでもあったからだ。
約45人中、回答は32。結果は、以下の通り。
【授業内容について】
不満・かなり不満 0
普通 4
満足 13
大満足 15

【難易度について】
わからない・全然わからない 0
まあまあ 12
理解できる 11
よく理解できる 9

【教材の内容について】
全く興味ない 0
あまり興味ない 3
普通 7
興味深い 13
とても興味深い 9

自由回答については、「アニメが見たい」が最も多く(8)、次いで「映画」「歴史ドキュメント」「バラエティ番組」などの希望があった。
あとは「番組が長い」(クロ現は基本25分)、「二回繰り返してみる必要は無い」「設問が多い」というものがあったが、どれも一つずつだった。

内容の転換については概ね問題ないと見て良い。日本語選択者にアニメファンが多いのは確かだが、クラスの何割かは「アニメも漫画も見ない」という学生もいて、アニメに偏るのは望ましくない。だが、アニメファン層が最多であるのも確かなので、適度に加えるくらいでちょうど良いだろう。まぁ「何も授業で見なくてもいいじゃん」とは思うのだが。中国の一学期は17回も授業があるので、確かにニュース系ばかりでは、授業をやる方も辛い。
クロ現は(代が替わっても)、私が見ていても興味深いし、学生が「日本の現在」を知る上で、教材として作られたものよりもはるかに有用であるのは間違いない。
ただ中国の大学も、日本の1980〜90年代と同様、かなりアミューズメントパーク化が進んでいるため、ニュース、ドキュメンタリーに興味が持てないものも増えていることも確かだ。
今後の課題としては、社会経済問題だけでなく、もう少しバラエティに富んだテーマを取り上げて行く必要があるということだろう。

難易度については「まあまあ」が最多となった。未回答の学生も考えると、難易度に課題があるようにも見えるが、もともと視聴覚の授業は「聞いた内容を全て把握する」ことに目的を置いているわけでは無く、個人的には「大体の内容が把握できれば良い」と考えているため、「まあまあ」なら十分と考えている。
自分がロシア語科の3年や4年だった時に、同レベルのロシアのドキュメンタリー番組を見ても、恐らくは「まあまあ」と答えていたと思われる。
むしろ「わからない」「全然わからない」がゼロだったことが驚異的であり、それは漢字文化で文字情報が多い番組を使っていることが大きいと考えられる。

以上から、若干の修正は行うが、大方針に変更の必要は無いと考えている。
posted by ケン at 00:00| Comment(0) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする