2019年05月31日

日本に配慮?んなわけねぇよ!!

【ロシア、対日戦勝記念日を認めず 政府委、日本に配慮か】
 28日のタス通信によると、ロシア政府の立法委員会は、日本が1945年に第2次大戦の降伏文書に調印した9月2日を「対日戦勝記念日」に制定するよう求めた議員立法案を支持しないと決めた。日本に配慮した可能性がある。
 ロシアで9月2日は「第2次大戦終結の日」と定められている。政権側は過去にも「対日勝利の日」に変更するよう求める愛国勢力の要求を拒んでいた。今回の法案は極右の自由民主党の下院議員が提出し、軍事パレードなど祝賀行事を行うよう求めていた。
(5月28日、共同通信)

またぞろマスゴミが希望的観測を垂れ流している。
そもそも日本のマスゴミは、ロシアの5月9日を「対独戦勝記念日」と報じているが、これが間違いで、ロシア語では「День Победы」、単に「勝利記念日」でしかない。
これに対して、ロシア自民党が「第2次大戦終結の日」としている9月2日(祝日ではない)の名称変更を求めているわけだが、それは「День безоговорочной капитуляции Японской империи」、つまり「大日本帝国無条件降伏記念日」にしようというもの。
こんなものが成立すれば、今度は5月9日の名称変更が必要になってしまうだろう。

要は法律の立て付けと休日の名称に齟齬が生じるため、正常な感覚を持つ法律家なら普通は反対する話であり、「日本に対する政治的配慮」が入り込む余地など無い。
こんなロシア語が分かるものがちょっと調べればすぐ分かるようなデマを報じるのは、マジで勘弁して欲しい。
共同通信にはロシア語ができる者がいないのではないか。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする