2019年06月08日

外務副大臣曰く、米中貿易戦争の本質は資本主義対共産主義

20190601SS00001.jpg
大事なことなので貼り付けておこう。
佐藤外務副大臣によれば、米中貿易戦争の本質は資本主義対共産主義で、中国の経済外交は軍事と一体化して拡大中で、海洋進出を狙っているから、日米連携を強化しつつ、独自の軍事力も強化しなければならない、とのこと。

全体主義ならともかく共産主義と言ってしまう辺りが超笑える。
ソ連帰りのケン先生的には、ソ連型社会主義というのは50年間パン価格が据え置かれて、挙げ句の果てに家畜飼料の方が高くなってしまって、市民がダーチャで豚を飼って、パンをやるようになり、パン屋からパンがなくなってしまうような体制を指すんだけどね(笑)
また、ソ連ではコムソモール員は毎夏軍事教練を受けていて、「こいつらやべぇ」と思わせるに十分だったけど、今の中国の共青団員とか「とりあえず入っておけば将来安泰か」くらいのかる〜い学生が多いように見えるけどね(笑)

こうやって脳内だけでソ連や中国を考えていると、自分の利益と一体化して、いつの間にか脳内像が変化(へんげ)していっちゃうんだろうな。

それに、日米同盟強化は同盟コストの上昇を意味し、ますます対米従属を強化、アメリカからの要求がますます高くなることを意味する。そこに自国の防衛力も強化して、中国の経済外交にも対抗するとなると、いくら金があっても足りないことは明白。
これでは、ソ連と米英を仮想敵とした戦前の軍部と同じ轍を踏むことになるだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする