2019年07月23日

母校に挨拶

修士の母校に挨拶に行く。
修了後、10年以上経っているので、親しい先生で残っている方は多くない。

WeChat Image_20190722094049.jpg

WeChat Image_20190722094102.jpg

大陸に渡って一年の報告と、中国で頼まれた日本人教員派遣についての相談である。
中国も北京や上海などは外国人教員に困らないが、ちょっと内陸に入ると、とたんに外国人の供給がなく、「外人枠は常に空席」みたいな学校が多い。なり手はいても、60歳前後だったり、「国語教員免許持っているだけ」な人も多く、それでもなり手があればかなりマシという状況。
修士における私の同級生も、成都に行ってみたものの、「食事がいつも激辛で耐えられない」と一年で帰ってきてしまっている。
自分も沿岸部の大都会だから大丈夫なだけで、内陸で孤独に耐える自信は無い。

WeChat Image_20190722094102.jpg

WeChat Image_20190722094112.jpg

教員派遣もとりあえず協力を依頼するだけ。北京や上海のような大都会でも、最近は求められる人材の水準が上がっており、「資格さえあればOK」ではない。
もっとも、待遇も改善されつつあり、私などは住居費と光熱費無料で、月の基本給が13万円程度(税金はわずか)なので、贅沢を言わなければやっていけるし、特にキャリアの第一歩としては良い環境だろう。

WeChat Image_20190722095047.jpg
留日センターから眺める調布飛行場。かつては三式戦闘機の基地だった。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

本邦初公開?!曾祖父の卒業証書

母が部屋を整理していたら、古い書類筒が出てきて開けてみたら「お宝」が出てきた。
曾祖父の卒業証書である。
もともと祖父が使っていた部屋なので、そういうことなのだろう。
せっかくの機会なので、まずは画像にして公開したい。

WeChat Image_20190716094744.jpg

まずは旧制四高(金沢)である。
旧制高校は現在の大学教養課程に当たる。明治28年は1895年なので、日清戦争の時代だ。
曾祖父は出身が淡路なので、最初三高(京都)に入ったが、肌に合わず(スノッブなのが嫌だったとか)、色々無理を言って四高に移ったらしい。
四高はもともと加賀藩の藩校で、場所も金沢城、兼六園のすぐ横という素晴らしい場所にある。
著名な卒業生には、現総理の祖父や正力松太郎、あるいは中野重治、井上靖、西田幾多郎らがいる。

WeChat Image_20190715104314.jpg

そして、東京帝国大学文学部史学科へ。明治31年は1898年、この二年後に北京京師大学堂の招聘を受け、清国に渡る。
この当時、文学部史学科には一学年2〜3人程度しかいなかったという。やはり圧倒的人気は法学部と理工系だったようだ。
学問ごとに担当教授の署名入りというところが凄いし、外国語も英語、ドイツ語、ラテン語というラインナップ。外国語が他の学問と同列に扱われているところが、時代を感じさせる。外国語教員としては「できて当たり前」「学問ではなく技術」の現代は色々辛いものがある。

曾祖父は淡路出身者として初めて東大を卒業したということで、島に帰った際には提灯行列が行われたという。
もっとも彼自身は島に大した思い入れはなかったようで、それどころかその目は常に世界、主にアジア、インド、ペルシアに向いていた。
その後、さらに独学で中国語、ウルドゥー語、ペルシア語、アラビア語などを学び、重訳かつ抄訳ではあるが、日本で初めてコーランを翻訳している。その著作も、日本の風俗史や児童書から諸外国の歴史書まで、あまりに多岐に渡り、才人過ぎて何をやっている人なのか分からない有様になっている。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 日本語、日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場

320.jpg
『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』 監督・脚本:アク・ロウヒミエス フィンランド(2017)



フィンランドは、1939年の冬戦争で失われたカレリヤ地方を奪還すべく、(実質)枢軸国の一員として1941年の対ソ戦に参戦した。
フィンランド政府は本戦争を「冬戦争の延長」と位置づけ、「継続戦争」の名称が付けられた。
本作は、この1941年6月から44年9月までの継続戦争を、フィンランドでは著名な小説『無名戦士』に基づいて映像化したものである。
人口550万のフィンランドで100万人を動員したというから、大変なことになっている。
いかんせん、当時の人口400万人の内、50万人が戦時動員されたというのだから、日本で言えば1千万人が動員されたのと同じ規模になる。つまり、ほぼほぼ家族で誰かしら従軍したような話なのだ。

ストーリーは、機関銃大隊の同じ中隊に所属する4人の兵士を主人公に展開する。
継続戦争では、主に戦闘が行われたのは、侵攻時の1941年と退却時の1944年で、残りは塹壕戦ということになる。
非常にオーソドックスな組み立てと脚本で、変に奇をてらわず、無闇に感動的にすることもなく、戦争を美化することも無く、戦争映画の基本に忠実的なところが非常に好ましい。
継続戦争なので、1941年の「カレリア奪還」「共産主義を倒せ」というノリノリと、3年戦っても終わらない憂鬱と、総退却・末期戦という「3つの味が同時に楽しめる」要素もある。
現代の映像技術と尋常では無い火薬量で、ソ連側の猛砲撃やフィンランド軍の機関銃の凄まじさが良く再現されており、見ているだけで疲れるところはあるものの、非常に見応えのある出来になっている。

個人的には『ウィンター・ウォー〜厳寒の攻防戦』の陰惨さに軍配を上げたいところだが、映画としての出来は本作の方が勝っているだろう。
一度は見ておいて損は無い作品である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

WaW 第一次長沙作戦

"World at War"誌の「第一次長沙作戦」をプレイ。
最近少しずつ日中戦争ものが増えている気がするが、良い傾向だ。

第一次長沙作戦は1941年9~10月に行われたもので、中国側呼称は「第二次長沙戦役」。
元から長沙を占領、維持しようという話では無く、対ソ戦あるいは対米英戦が想定される中、「兵力が引き抜かれる前に一当てして、中国側の(予備)戦力を削いでおこう」ということで始められた作戦である。いつもの「あれ」だ。
官僚組織にはありがちな発想で、「予算が止められる前に使い切ってしまえ」「来年部署が廃止されるかもしれないから、先にやってしまえ」的なものだ。民間の大手企業でもありがちかもしれないが。

実際の作戦は、確かに中国側に大きな損害を与えたものの、中国側も待ち構えていたところもあって、日本側にも予想外の損害が出て、長沙を占領はしたものの、死守すること無く、「当初の目的は果たした」として退却した。
他方、中国側は「長沙を奪還した」として、双方ともに「俺は勝った」と主張している。
インパーパル作戦も、コヒマを占領して英軍に十分な損害を与えたことところで、すぐに退却していれば、あそこまでの悲劇にはならなかったと思うのだが・・・・・・

本作は二次大戦のゲームには珍しいチット式で(日本には少なくないが)、日本軍は師団別、中国軍は軍団別に活性化、起動する。両軍とも軍チットで全体が機動するため、一ターンに2回動ける計算。
ユニットは大隊〜連隊。1ターン=1〜2日。1ヘクス=約3KM。
何となくナポレオニックな感じだが、流動的な戦いをシミュレートするには向いていると言うことだろう。
シナリオはいくつかああるが、「第一次長沙作戦」は日本軍が2ターン連続して長沙2ヘクスを占領し続ければサドンデスというもの。
簡単ではあるが、それ故に中国側は「長沙さえ守ればいいわけか」ということになる。
もっとも、中国側は2ユニットしかスタックできないため、都市に籠もって守っていれば大丈夫ということもなさそう。
日本軍には、戦車あり、航空支援あり、河川砲艦ありと、「こんなに恵まれちゃっていいんデスカ?」というキモチだ。

実戦では、ケン先生が中国軍を担当するも、毎回自軍チットを先に引いてしまい、何度もドブに捨ててしまった。
チット式ゲームでは、防御側がチットを先に引いてもやることがなく、何もせずに終わってしまうことがままある。
日本軍は強力な上に砲兵支援や航空支援もあり、すぐに戦力比が振り切ってしまう。
振り切った分はダイス修正となる上、防御側が損害を吸収できなかった場合は、攻撃側の戦闘後前進のヘクス数が追加されるため、「電撃戦」のような効果がそこここで発生した。
自分も一応は想定して守ったつもりだったが、そこここで包囲されてしまい、あっという間に第一線は崩壊。
第二線も準備してはいたが、これも同様にすぐ瓦解。
第3ターン終了時には、防衛ユニットが足りなくなってしまい、投了した。

WeChat Image_20190715104306.jpg

日本軍の進出が予想外に早い上に、戦闘後前進が凶悪であるため、戦線を張って守ることにこだわりすぎないことが重要な模様。
もっとも拠点防御を重視したところで、第7ターンの中国軍の援軍まで持ちこたえられるかと言われると苦しい感じだ。
中国軍はそもそも2ユニットしかスタックできないため、数的優位を活かすのが難しいところもある。
バランスの方はもう一度やってみないと分からないが、中国軍は厳しそうだ。
チット式の場合、双方が殴り合う展開になるなら良いのだが、本作の場合、中国側が基本的には防御なので、チットを無駄にしてしまう率が高い気がする(攻撃の前にチットを引いてもやることがない)。

シンプルなルールでプレイはしやすいが、バランス的には疑義が残る。
中国に戻ったら、中国の皆さんにもプレイしてもらおう。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

参院選2019 東京情勢と国会議員の選び方

議会制民主主義をほぼほぼ見限った私だが、職務上の分析は続けなければならない。
全体的には政権党が安定的な強さを誇り、一人区の大半をキープ、野党を圧倒する流れにある。
立憲は比例区でこそ安定的な強さを見せているが、選挙区はどこも苦戦しており、複数区ですら当落線上にあったりする。風頼みの体質と党組織に対する嫌悪は民主党時代のままであり、今後も厳しそうだ。
一部で話題の「れいわ」はカルト的な人気を誇っているだけで、比例で1人通るかどうかというレベルらしい。
野党が混迷する中、NK党と維新がそれなりに安定した強さを見せている。

東京では、丸川、山口、吉良が当選圏内。
残る3枠を、音喜多、武見、塩村、山岸が争う形となっている。
ブンヤの分析では、音喜多と山岸が最終議席を争う形になっているようだが、丸川に票を奪われまくりの武見も厳しく、塩村は女性から嫌われて苦しく、誤差の範囲内としか言いようが無い。山岸は「東大」「朝日新聞」がパワーワードになってしまい、逆効果になっている気がする。
東京の場合、立憲から二人、国民から一人出ているため、苦しい展開になっているところもあるが、概ね健闘していると言えそうだ。

個人的には社民党の朝倉氏を推したい。
全国一般という中小企業や非正規の労働組合の支部書記長であり、経験的にも経歴的にもスタンス的にも申し分ないからだ。
しかし、社民という倒産寸前の政党から出馬しているため、完全に当選圏外にあるところが、いかんとも苦しい。
この点でも、代議制民主主義が本来期待される機能を発揮していないことが分かる。

例えば、丸川はまるっきり政策論争できない半分芸能人みたいなものであり、吉良は白井同志が挑んだ「マルクス論争」を「まだ勉強中なので」と避けてしまう程度の「なんちゃってコミュニスト」、山口は弁護士出身かもしれないがカルト教団の代弁者である。
このほか、音喜多は政党漂流の機会主義者、塩村も同じようなもの。山岸についてはよく分からない。
つまり、東京選挙区で当選圏内にあるもので、曲がりなりにも国会議員としての資質がありそうなのは、自民党の武見(政治学者)だけという悲惨な状況にある。

代議制民主主義は、本来「主権者が主権を委ねる代行者を適切に選ぶ(はずだ)」という前提の上に成り立っているが、現実にはただの人気投票になってしまっている。立候補するものの多くは「議員になりたい」だけであり、投票する方は「本当に国会議員として適切か」ということを考えない。
ケン先生が考える「代議員に必要な資質」は以下の三つ。

・法案を読み込み、(東大法学部出身の)官僚と議論できる(経験と能力)

・主権者の一定層の利害を代表できる(代表性)

・主張と行動の一貫性(信頼性)


東京で言えば、丸川と吉良は経験と能力に疑問符が、山口、音喜多、塩村には信頼性と代表性に疑問符が付けられる。
それだけに、「弱い労働者」の代表であり、労働運動の経験が豊富な朝倉氏こそ国政にふさわしいはずだが、残念ながら当選しそうに無い。この点、代議制民主主義の機能不全として強調しておきたい。
posted by ケン at 10:00| Comment(7) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

芒市ー中国のタイ?

雲南省の最果て、ミャンマーとの国境に近い芒市。
人口40万人だが、漢族は半数に満たない珍しい街と言える。
漢族の次に多いのは、タイ族(人偏の秦)で、後は景頗族(チンポー、カチン)、徳昂族(トーアン)など、様々な少数民族が暮らす民族自治州である。
戦争中は日本の第33軍が司令部を置いていたが、その位置までは分からない。
けっこう駆け足の旅だったため、街中をゆっくり歩く余裕はなく、非常に残念だったが、殆どタイかミャンマーであり、街中も様々な言語が飛び交っていて、意味不明すぎる。お寺も明らかにタイの雰囲気で、大乗系では無く小乗系だ。
旅の疲れを癒やすために「タイ式マッサージ」のお店に行ったら、従業員はミャンマー人だったということも(笑)

WeChat Image_20190715104331.jpg

WeChat Image_20190715104342.jpg

WeChat Image_20190715104337.jpg
最近建てられた僧院らしいが、やり過ぎ

WeChat Image_20190715104347.jpg

WeChat Image_20190715104351.jpg
明らかに観光地になっている「お寺」

WeChat Image_20190715104356.jpg
普通の街中もこんな感じ
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

一時帰国報告ー2019夏

無事帰国しました。
八月末まで日本に滞在します。
一ヶ月以上あるので、しばらくのんびりしたいです。
一年目を終えて、さすがに色々疲労がたまっているようで、雲南以降、(軽度だが)腹を下しっぱなしで、どうもいかんです。
選挙が終わったら頃から、少しずつ活動を始めようかと。
よろしくお願いします。

WeChat Image_20190715101833.jpg

WeChat Image_20190715101828.jpg

WeChat Image_20190715101803.jpg

本もマンガもゲームも買いすぎ?
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする