2019年07月01日

やっぱ政治はパワーゲーム?

【長島元防衛副大臣、自民入党へ】
 旧民主党政権で防衛副大臣や首相補佐官を務めた長島昭久衆院議員が、自民党入りすることが21日、分かった。来週、二階俊博幹事長に入党を申請する。党幹部が明らかにした。長島氏は東京21区選出で当選6回。現在は無所属で、衆院会派「未来日本」を結成している。同選挙区は自民現職と競合するが、長島氏は「比例代表でもどこでも結構だ」と、国替えを受け入れる考えを伝えているという。 
(6月21日、時事通信)

またまた二階先生が豪腕を発揮。
選挙区に自党の現職議員がいるのに入党させてしまうなんて、そうそうできることではない。
自党内の反対を押し切る「豪腕」があるからこその手法。
旧民主党政権時には小沢氏がそれを発揮したわけだが、民主党は自分で小沢氏を切り、そして自滅した(それだけが要因ではないが)。
政治にパワーゲーム(権力闘争)の要素が(たくさん)ある以上、こうした豪腕を使いこなせるかどうかが権力維持に関わってくる。その点、外様大名で派閥の人数も決して多くはない二階氏を幹事長にして使いこなす(使われる面もあろうが)安倍氏は、やはり少なくとも現状において相対的には傑出した人物なのだろう。

私も頭では理解しているのだが、とても自分でやろうという気にはなれないし、だからこそ辞めたと言える。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする