2019年07月15日

ジョージア問題でも反露報道?

【露 ジョージア直行便運航停止 抗議運動に対抗】
 ロシアは8日、自国に対する抗議運動が続くジョージア(旧グルジア)との間で直行便の運航を停止した。更にロシア議会がジョージアへの制裁を検討するなど、両国間で緊張が高まる恐れも出ている。
 ジョージアでは6月中旬、ロシアの下院議員が国会議長席で演説したことがきっかけとなり、現政権がロシアへ融和的だとの批判が広がり、抗議運動も始まった。直後からロシアは自国民の安全確保を理由にして、直行便を停止する方針を警告していた。
 両国は2008年に武力衝突し国交を断絶した。ただし国民の往来は活発で、年間100万人を超すロシア人が主に観光目的でジョージアを訪れている。ロシアはジョージアの観光業を揺さぶり、抗議運動を断ち切りたい狙いとみられる。
 一方でジョージアのテレビ局では7日、司会者がプーチン露大統領を侮蔑する発言をした。ロシア下院は自国がジョージア産ワインの主要輸出先である点を踏まえ、禁輸措置を検討。多くのジョージア人がロシアに出稼ぎに来ていることから、ジョージアへの送金停止も提言した。ただしプーチン氏は9日、侮蔑への報復制裁には反対する考えを示した。
 ロシアは08年にジョージアと武力衝突した後、同国内の南オセチアとアブハジアに軍を駐留させている。一方、ジョージアでは現与党「ジョージアの夢」が12年に実権を握って以来、ロシアへの敵対的な政策は影を潜めた。そのためジョージア国内では現政権とロシアへの不満と反発が募っている。
(7月9日、毎日新聞)

記事の通り、ロシアーグルジア(ジョージア)間の緊張が高まっている。
問題はいつものことながら、マスゴミがポジション・トークを行い、公平性を自ら損ねている点にある。

ジョージアの大衆に反露意識が高まり、政府に対してより強硬な姿勢をとるよう街頭活動が繰り返され、現地のマスコミも煽り気味に報じている。
それだけにロシア人が観光気分でジョージアを訪れるのは危険であることは明白すぎるわけで、政府が直行便の運行停止措置をとるのは、国民の安全を図る上で当然すぎる話だ。にもかかわらず、「ロシアは自国民の安全確保を理由にして」という表現を使うことは、あたかもロシア政府が他に意図を秘めて、敢えて「自国民の安全確保」を表面的理由に据えているかの印象を植え付ける意図があるとみるべきだろう。ここは、平板に「ロシアは自国民の安全を確保するため」と書けば十分なはずだ。仮に他の意図があるにせよ、それは読者が判断すべきものであって、勝手に報道側が十分な根拠も無く書くべきことでは無い。

また、ネット報道では「プーチン氏は9日、侮蔑への報復制裁には反対する考えを示した」とサラッとではあるが、大統領が経済制裁に反対の意思を示したことが書かれているが、7月10日の本紙朝刊にはこの部分が削除されているという。
現実には、ロシア下院でジョージア批判が高まり、全会派が対ジョージア経済制裁の導入を支持。これに対して、プーチン大統領は、「ジョージア国民に対する敬意」を理由に挙げつつ、ジョージアに対する経済制裁に反対を表明している。
Я бы не стал этого делать именно из уважения к грузинскому народу", − сказал глава государства журналистам.
(7月9日、ノーヴォスチ通信)

プーチン氏が反対したことを書かなければ、ロシアージョージア関係が「行き着くところまで行く」と読者に判断させることになるだろう。

日本のロシア報道は意図的に虚偽報道あるいは事実の隠蔽が行われているが、外務省の指示なのか、あるいはマスゴミ側の忖度なのか。いずれにしても、日本の報道は全く信用ならない。
posted by ケン at 12:00| Comment(5) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする