2019年07月19日

参院選2019 東京情勢と国会議員の選び方

議会制民主主義をほぼほぼ見限った私だが、職務上の分析は続けなければならない。
全体的には政権党が安定的な強さを誇り、一人区の大半をキープ、野党を圧倒する流れにある。
立憲は比例区でこそ安定的な強さを見せているが、選挙区はどこも苦戦しており、複数区ですら当落線上にあったりする。風頼みの体質と党組織に対する嫌悪は民主党時代のままであり、今後も厳しそうだ。
一部で話題の「れいわ」はカルト的な人気を誇っているだけで、比例で1人通るかどうかというレベルらしい。
野党が混迷する中、NK党と維新がそれなりに安定した強さを見せている。

東京では、丸川、山口、吉良が当選圏内。
残る3枠を、音喜多、武見、塩村、山岸が争う形となっている。
ブンヤの分析では、音喜多と山岸が最終議席を争う形になっているようだが、丸川に票を奪われまくりの武見も厳しく、塩村は女性から嫌われて苦しく、誤差の範囲内としか言いようが無い。山岸は「東大」「朝日新聞」がパワーワードになってしまい、逆効果になっている気がする。
東京の場合、立憲から二人、国民から一人出ているため、苦しい展開になっているところもあるが、概ね健闘していると言えそうだ。

個人的には社民党の朝倉氏を推したい。
全国一般という中小企業や非正規の労働組合の支部書記長であり、経験的にも経歴的にもスタンス的にも申し分ないからだ。
しかし、社民という倒産寸前の政党から出馬しているため、完全に当選圏外にあるところが、いかんとも苦しい。
この点でも、代議制民主主義が本来期待される機能を発揮していないことが分かる。

例えば、丸川はまるっきり政策論争できない半分芸能人みたいなものであり、吉良は白井同志が挑んだ「マルクス論争」を「まだ勉強中なので」と避けてしまう程度の「なんちゃってコミュニスト」、山口は弁護士出身かもしれないがカルト教団の代弁者である。
このほか、音喜多は政党漂流の機会主義者、塩村も同じようなもの。山岸についてはよく分からない。
つまり、東京選挙区で当選圏内にあるもので、曲がりなりにも国会議員としての資質がありそうなのは、自民党の武見(政治学者)だけという悲惨な状況にある。

代議制民主主義は、本来「主権者が主権を委ねる代行者を適切に選ぶ(はずだ)」という前提の上に成り立っているが、現実にはただの人気投票になってしまっている。立候補するものの多くは「議員になりたい」だけであり、投票する方は「本当に国会議員として適切か」ということを考えない。
ケン先生が考える「代議員に必要な資質」は以下の三つ。

・法案を読み込み、(東大法学部出身の)官僚と議論できる(経験と能力)

・主権者の一定層の利害を代表できる(代表性)

・主張と行動の一貫性(信頼性)


東京で言えば、丸川と吉良は経験と能力に疑問符が、山口、音喜多、塩村には信頼性と代表性に疑問符が付けられる。
それだけに、「弱い労働者」の代表であり、労働運動の経験が豊富な朝倉氏こそ国政にふさわしいはずだが、残念ながら当選しそうに無い。この点、代議制民主主義の機能不全として強調しておきたい。
posted by ケン at 10:00| Comment(7) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする