2019年07月20日

WaW 第一次長沙作戦

"World at War"誌の「第一次長沙作戦」をプレイ。
最近少しずつ日中戦争ものが増えている気がするが、良い傾向だ。

第一次長沙作戦は1941年9~10月に行われたもので、中国側呼称は「第二次長沙戦役」。
元から長沙を占領、維持しようという話では無く、対ソ戦あるいは対米英戦が想定される中、「兵力が引き抜かれる前に一当てして、中国側の(予備)戦力を削いでおこう」ということで始められた作戦である。いつもの「あれ」だ。
官僚組織にはありがちな発想で、「予算が止められる前に使い切ってしまえ」「来年部署が廃止されるかもしれないから、先にやってしまえ」的なものだ。民間の大手企業でもありがちかもしれないが。

実際の作戦は、確かに中国側に大きな損害を与えたものの、中国側も待ち構えていたところもあって、日本側にも予想外の損害が出て、長沙を占領はしたものの、死守すること無く、「当初の目的は果たした」として退却した。
他方、中国側は「長沙を奪還した」として、双方ともに「俺は勝った」と主張している。
インパーパル作戦も、コヒマを占領して英軍に十分な損害を与えたことところで、すぐに退却していれば、あそこまでの悲劇にはならなかったと思うのだが・・・・・・

本作は二次大戦のゲームには珍しいチット式で(日本には少なくないが)、日本軍は師団別、中国軍は軍団別に活性化、起動する。両軍とも軍チットで全体が機動するため、一ターンに2回動ける計算。
ユニットは大隊〜連隊。1ターン=1〜2日。1ヘクス=約3KM。
何となくナポレオニックな感じだが、流動的な戦いをシミュレートするには向いていると言うことだろう。
シナリオはいくつかああるが、「第一次長沙作戦」は日本軍が2ターン連続して長沙2ヘクスを占領し続ければサドンデスというもの。
簡単ではあるが、それ故に中国側は「長沙さえ守ればいいわけか」ということになる。
もっとも、中国側は2ユニットしかスタックできないため、都市に籠もって守っていれば大丈夫ということもなさそう。
日本軍には、戦車あり、航空支援あり、河川砲艦ありと、「こんなに恵まれちゃっていいんデスカ?」というキモチだ。

実戦では、ケン先生が中国軍を担当するも、毎回自軍チットを先に引いてしまい、何度もドブに捨ててしまった。
チット式ゲームでは、防御側がチットを先に引いてもやることがなく、何もせずに終わってしまうことがままある。
日本軍は強力な上に砲兵支援や航空支援もあり、すぐに戦力比が振り切ってしまう。
振り切った分はダイス修正となる上、防御側が損害を吸収できなかった場合は、攻撃側の戦闘後前進のヘクス数が追加されるため、「電撃戦」のような効果がそこここで発生した。
自分も一応は想定して守ったつもりだったが、そこここで包囲されてしまい、あっという間に第一線は崩壊。
第二線も準備してはいたが、これも同様にすぐ瓦解。
第3ターン終了時には、防衛ユニットが足りなくなってしまい、投了した。

WeChat Image_20190715104306.jpg

日本軍の進出が予想外に早い上に、戦闘後前進が凶悪であるため、戦線を張って守ることにこだわりすぎないことが重要な模様。
もっとも拠点防御を重視したところで、第7ターンの中国軍の援軍まで持ちこたえられるかと言われると苦しい感じだ。
中国軍はそもそも2ユニットしかスタックできないため、数的優位を活かすのが難しいところもある。
バランスの方はもう一度やってみないと分からないが、中国軍は厳しそうだ。
チット式の場合、双方が殴り合う展開になるなら良いのだが、本作の場合、中国側が基本的には防御なので、チットを無駄にしてしまう率が高い気がする(攻撃の前にチットを引いてもやることがない)。

シンプルなルールでプレイはしやすいが、バランス的には疑義が残る。
中国に戻ったら、中国の皆さんにもプレイしてもらおう。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする