2019年07月22日

本邦初公開?!曾祖父の卒業証書

母が部屋を整理していたら、古い書類筒が出てきて開けてみたら「お宝」が出てきた。
曾祖父の卒業証書である。
もともと祖父が使っていた部屋なので、そういうことなのだろう。
せっかくの機会なので、まずは画像にして公開したい。

WeChat Image_20190716094744.jpg

まずは旧制四高(金沢)である。
旧制高校は現在の大学教養課程に当たる。明治28年は1895年なので、日清戦争の時代だ。
曾祖父は出身が淡路なので、最初三高(京都)に入ったが、肌に合わず(スノッブなのが嫌だったとか)、色々無理を言って四高に移ったらしい。
四高はもともと加賀藩の藩校で、場所も金沢城、兼六園のすぐ横という素晴らしい場所にある。
著名な卒業生には、現総理の祖父や正力松太郎、あるいは中野重治、井上靖、西田幾多郎らがいる。

WeChat Image_20190715104314.jpg

そして、東京帝国大学文学部史学科へ。明治31年は1898年、この二年後に北京京師大学堂の招聘を受け、清国に渡る。
この当時、文学部史学科には一学年2〜3人程度しかいなかったという。やはり圧倒的人気は法学部と理工系だったようだ。
学問ごとに担当教授の署名入りというところが凄いし、外国語も英語、ドイツ語、ラテン語というラインナップ。外国語が他の学問と同列に扱われているところが、時代を感じさせる。外国語教員としては「できて当たり前」「学問ではなく技術」の現代は色々辛いものがある。

曾祖父は淡路出身者として初めて東大を卒業したということで、島に帰った際には提灯行列が行われたという。
もっとも彼自身は島に大した思い入れはなかったようで、それどころかその目は常に世界、主にアジア、インド、ペルシアに向いていた。
その後、さらに独学で中国語、ウルドゥー語、ペルシア語、アラビア語などを学び、重訳かつ抄訳ではあるが、日本で初めてコーランを翻訳している。その著作も、日本の風俗史や児童書から諸外国の歴史書まで、あまりに多岐に渡り、才人過ぎて何をやっている人なのか分からない有様になっている。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 日本語、日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする