2019年08月13日

『二百三高地 愛は死にますか』

今となっては忘れ去られているようだが、かの名作映画『二百三高地』にはTVドラマ版がある。
映画公開の翌1981年1月〜2月に放送されたものだ。
骨格は映画版を踏襲、脚本も基本的には変更せず、時間的に全8回分に増えた分のエピソードが追加されている。
追加された分の多くは銃後の人間関係に費やされ、第七連隊(金沢)の中隊兵士の家族や恋人などが細かく描かれている。乃木の家族についても同様。
軍関係でも、南山攻略や海軍との関係が追加され、全体像がわかりやすくなっている。

81Najgtk11L._SY445_.jpg

大きく異なるのは配役で、主人公の小賀少尉役があおい輝彦から永島敏行に、恋人の松尾役が夏目雅子から坂口良子に、乃木希典が仲代達矢から田宮高広に、明治帝が三船敏郎から(現)松本白鴎(当時は市川染五郎)などになっている。
この配役の違いをどう評価するかが、大きなポイントとなるわけだが、どうしても映画版で記憶がプリンティングされているため、マイナス評価になりがちだ。特に夏目雅子が良すぎただけに……
とはいえ、田宮高広の乃木は絶品で、最近再評価されつつあることを含め、「乃木はこれだよ!」と快哉を上げたくなるほど成りきっている。
明治帝も三船がやると三船になってしまう点で染五郎の方が良く、むしろそっくりさんみたいになっている。

また、銃後の描写が増えた分、いささか「お涙ちょうだい」化が見られるものの、ケン先生が「ゴールデンカムイの背景にある日露戦争症候群」で描いた日露戦争症候群の要素が多分に追加され、NHKが制作した「坂の上の雲」のような英雄万歳作品とは一線を画している。
この点は庶民目線の笠原和夫ならではであるが、笠原のドライな視点が薄めなのは残念だ。
しかし、映画を含め本作は当時、「戦争賛美」「右翼映画」と非難されたそうだが、左翼の私が見てもサッパリ理解不能だ。やはりNK党は禁止すべきなのだろうが、それは良い。

乃木や第三軍司令部の描写も、当時は既に司馬史観が蔓延し「無能」の評価が定着していたはずだが、今見てみると意外と中立的に描かれており、「さすが笠原和夫」と言いたくなってしまう。例えば、乃木は必ずしも正面突撃に賛成では無かったが、砲弾不足と周囲(上)からの要請によって、他に選択肢が無くなってしまった点など、良く描かれている。

1960〜70年代の戦争映画のような熱量は無いし、現代の戦争映画のような再現性も無いわけだが、人間ドラマとしてはやはり良くできた作品だと思う。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする