2019年08月27日

冷戦の最前線は日本海へ

【小野寺前防衛相「北や中国に間違ったメッセージ送りかねない」 韓国GSOMIA破棄】
 自民党の小野寺五典前防衛相は22日夜、韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて「日米韓の同盟関係が揺らいでいることを表に見せるのは、北朝鮮や中国に間違ったメッセージを送ることになりかねない」と懸念を示した。産経新聞の取材に答えた。
 小野寺氏は、日本側からの情報提供も含め、GSOMIAが北朝鮮対応に有効に機能していると強調。「日韓の防衛当局はGSOMIAの重要性を認識しているが、韓国の政治的な思惑で安全保障に影響を及ぼすのは決して好ましいことでない」と批判した。
 今後、日本側の取るべき対応に関しては「韓国側の国内政治の問題が大きい」として、推移を冷静に分析するよう求めた。
(8月22日、産経新聞)

韓国政府が軍事情報包括保護協定の延長・更新を行わないことを決定。同協定は一年おきの自動更新で、一方が終了を通告すると終了する。
これを受けて、河野外相は、韓国側の決定について「現下の地域の安全保障環境を完全に見誤った対応と言わざるを得ない」として「断固として抗議したい」と声明を出し、韓国大使を外務省に呼び出して抗議した。

日本側の反応で興味深いのは、「まさかGSOMIAまで破棄はしないだろう」と思っていた者が非常に多いことと、河野氏の「完全に見誤った対応」や小野寺氏の「北や中国に間違ったメッセージ送りかねない」というもの。
どれも日本にとって都合の良い状況のみを想定して、想定外の事態が起きたので、他国を非難するという間抜けを演じている。
こうした反応は、インドシナに進駐しておいて「まさかアメリカが鉄と原油の禁輸に踏み切るとは思わなかった」と言ってしまう戦前期の軍人、政治家と同レベルの頭脳であることを示している。
その根幹にあるのは、「正しいのは常に自分(日本)であって、悪いのは常に韓国(中国、朝鮮、ロシアなどを含む)だ」という傲慢と増長である。同時に「半導体輸出を止めれば、韓国は屈服するだろう」という見通しが誤っていて、逆に韓国のナショナリズムを刺激して、韓国内の親日派を沈黙させてしまった。この辺は、日中戦争に至る経緯と酷似している。

韓国が日米陣営を脱して中露同盟側に走ることは、少なくとも文政権の既定路線であり、それに従って南北融和と在韓米軍の撤退に舵を切っている。そこを肯定できない日本人は「韓国人がトチ狂った」旨を言ってしまうわけだが、韓国側の判断の是非はともかく、「欧州情勢は複雑怪奇」レベルの認識では、今後の厳しい外交・安保環境を乗り切ることはできないだろう。
言うなれば、ゲームをやっていて、相手プレイヤーに対して「何バカなプレイしているんだ!」とブチ切れるプレイヤーであり、みっともないことこの上ない。

韓国側としては、中露同盟側に付く以上、日米(特に日本)と情報を共有する必要は無く、むしろ情報流出の危険性の方が高くなっている。
日本政府は、本来的には「38度線を維持しつつ、冷戦構造を保持する」ことが至上命題であったにもかかわらず、韓国側をわざわざ向こう側に追いやるような政策ばかり採ってきた。
その結果、冷戦の最前線は遠からず北緯38度線から日本海に移ることになるだろう。
この場合、日本が日米同盟路線を継続する限り、軍備拡張路線に傾かざるを得ず、今後、軍事費を肥大化させてゆくことになりそうだ。

日本側の選択肢的には、歴史問題で韓国に譲歩することで少しでも長く現状の冷戦構造を維持するか、韓国を中露側にやって日本が冷戦の最前線に立つかという、ほぼ二択だったと思われるが、日本は後者を選択したのである。
日本政府的には、別れた恋人を非難するのではなく、「俺の予想通りの展開だ!」「俺の戦いはこれからだ!(中露朝韓と真っ向勝負!)」とマッチョ宣言をすべきところではないか。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする