2019年08月29日

ディスカバー 未知なる大地へ 初プレイ

昨年末にアークライトから発売された「ディスカバー 未知なる大地へ」を初プレイ。
サバイバルをボードゲーム化したもので、突然飛ばされた異世界で生き残り、脱出を図ることを目的とする。
全く未知の場所を探索しつつ、食糧と水を確保し、モンスターから身を守り、夜を越しつつ、脱出路を探らなければならない。
「仲間」はいるものの、勝利条件は「自分が生き残って脱出すること」であり、必ずしも仲間とともに脱出する必要は無い。
従って、自分を犠牲にして何かをするということはなく、「できる範囲で」協力するというレベル。
ここが微妙なところで、不完全な協力型ゲームになっている。
結果、基本的に他人と行動することはなく、効率よく脱出路を探るため、各々が別方向に分かれて探索する感じになりがちだ。

「モンスター」も普通の野生動物からホンモノのモンスターまで様々で、(当然ながら)狼や熊は普通に戦っては勝てない。
ダメージはヒットポイント制ではなく、飢餓、脱水、病気、負傷の四種類のダメージがあり、合計して三つまでは耐えられるが、四つ目が入ると即死亡してゲームから脱落する。
生水を飲んで渇きはしのいでも、病気になってしまうということもあり、結構シビアである。
食糧を手に入れるためには野生動物を狩った後、焚き火まで戻って調理する必要があり、狩りの途中で負傷したり、野宿したりする可能性もあって、危険極まりない。

面白いのは、製品ごとに内容物が異なることで、例えばキャラクターは全36人いるそうだが、製品に入っているのは12名分でしかない。
シナリオや地形タイルですら違うらしいので、同じゲームを購入しても違うシナリオやシチュエーションが楽しめるという。
新しい発想ではあるかもしれないが、その評価は微妙だろう。

この日はシナリオ三と五をプレイ。平原と雪山。
三人でプレイして、ケン先生はいずれも脱出して勝利したが、O先輩は平原でラスボスとの戦闘で死亡、雪山は脱出に成功した。T後輩は平原ではラスボスに負けて戦死、雪山ではモンスターにやられて死亡した。
難易度的には、「マンションオブマッドネス」の方が高そうな感じ。
色々悪くなく、テンポも良いのだが、脱出ゲームとあって、高揚感が足りない気もする。
中途半端な協力型というところも引っかかりを覚える。「一人でも死んだらダメ」というMMの方が緊張感がある。
決して悪いゲームでは無いが、何か足りない気がする。サバイバルゲームはやはりビデオゲームの方が向いているのかもしれない。

WeChat Image_20190818185153.jpg
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする