2019年09月06日

30年ぶりのロードス島戦記

一ヶ月遅れになってしまったが、水野良『ロードス島戦記 誓約の王冠』を読了。

WeChat Image_20190829093026.jpg

WeChat Image_20190829093017.jpg

ロードス島戦記は高校生の時に読んで、まだ和製ファンタジーを小馬鹿にしていた自分をたしなめてくれた作品でもあった。
30年も経てば黒歴史も笑い話である。
引っ越し(海外移住)や実家の建て替えで、学生の頃に読んだ本の多くは処分してしまったが、大事にとっておいた数少ないものでもある。
ラノベも30年経てば、十分に「お宝」だろう。

その水野先生の新作は先祖返りで「100年後のロードス島」だった。
あえて内容には触れないが、例の如く「薄い、あっさり、超王道」の水野節は健在ながら、今のところ「二番煎じ」でも無さそうで、悪くない出だし。
続刊を楽しみにしたい。どうせ一年に一冊のペースだろうから、中国住まいでも関係あるまい(笑)
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする