2019年10月07日

森口博子「GUNDAM SONG COVERS」

U5gUzod.jpg
森口博子「GUNDAM SONG COVERS」
01 水の星へ愛をこめて/ with 寺井尚子 (「機動戦士Ζガンダム」オープニングテーマ)
02 哀 戦士/ with 押尾コータロー (「機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」主題歌)
03 ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~ (「機動戦士ガンダムF91」主題歌)
04 BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ (「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」主題歌)
05 嵐の中で輝いて/ with 田ノ岡三郎 (「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」 オープニングテーマ)
06 フリージア/ with 塩谷哲 (「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」エンディングテーマ)
07 JUST COMMUNICATION/ with 猪野秀史 (「新機動戦記ガンダムW」オープニングテーマ)
08 めぐりあい (「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」主題歌)
09 Ζ・刻をこえて (「機動戦士Ζガンダム」オープニングテーマ)
10 RE: I AM/ with TSUKEMEN (「機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」」主題歌)
11 宇宙の彼方で [Bonus Track] (「機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜」主題歌)

ケン先生の場合、1985年の「Zガンダム以来」ということになるので、自分にとっても「35周年記念」である。
聞いているだけで、世代的に「クル」ものが多く、かなりヤバい一品。

敢えて難を言うなら、「上手くなってしまった」ことで、「Z」当時の良い意味での素人臭さが失われてしまっているところが、少々「これじゃない!」と言いたくなるところもあるのだが、それは「求めすぎ」であることも理解している。
同様に全体に「オサレ(キレイ)」に仕上げすぎてしまっており、アニソン臭さが失われているため、全体的に薄味になっていることも確かだ。濃いめが好きな人からすれば、やはり「これじゃない!」という反応が出ても致し方ないところだろう。

それでもケン先生的には一枚持っておいて損は無いと思う。
posted by ケン at 12:00| Comment(5) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする