2019年11月13日

次回都知事選は衆愚政治の見本市に?

【小池氏つぶし 自民が丸川元五輪相擁立へ動きだす 来夏の都知事選】
 来夏の東京都知事選で、自民党東京都連が丸川珠代元五輪相の擁立に向けて動きだしたことが4日、分かった。東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催を巡って小池百合子知事が「合意なき決定」と発言したことを問題視。「小池つぶし」の切り札を投入する。テレビ界出身の“女の戦い”は五輪にも負けない熱戦となりそうだ。
 小池氏はマラソンと競歩の札幌移転が決まった際、苦渋の決断であることを「合意なき決定」という言葉で表現してみせた。ここぞのワンフレーズ殺法は共感を呼んだが、五輪関係者の反感が渦巻いていた。
 「合意なき決定なんてあるわけないでしょ」と吐き捨てたのは自民党都連の関係者。ランナーの命の危険を脅かしかねない酷暑の対策は限界で、大会関係者は「札幌の話は2年前からあった。組織委は札幌移転によって、そのリスクから解放されたし、責任の所在も強引に移転を決めたIOCに移った」と指摘した。
 こうした合意形成が実務者協議で進んでいたとみられる中、「小池氏が一方的に“合意なき決定”と言ったことで台無し。個人的なパフォーマンスに走ったことで総スカン状態になった」と大会関係者はぶちまけた。組織委の森喜朗会長や橋本聖子五輪相も怒り心頭だったという。(以下略)
(11月5日、スポニチより抜粋)

スポーツ紙ではあるが、そこそこリアリティが感じられる記事。丸川女史は東大出にもかかわらず、信じられないほどの頭の悪さと教養の無さで知られるが、政治家として十分な頭脳と実績を持つ武見氏(同期の改選で同じ自民党)に比べて圧倒的な人気を誇っている。

このままいくと、小池、丸川、山本、立花・・・・・・みたいな衆愚政治の見本市のような都知事選になりそうで、「大衆の民意が有徳のエリートを選出する」という代議制民主主義の根底が否定される事態は避けられそうにない。

まぁ石原信雄が否定されて青島幸男が当選したり、明石康が否定されて石原慎太郎が当選したりした頃から変わっていないとは言えるが、一流の行政官僚が出馬していただけマシな時代だった。
posted by ケン at 12:00| Comment(5) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする