2019年12月01日

反社問題は政府の自爆ではあるが・・・・・・

【「反社」参加是非、明言せず 政治推薦名簿、廃棄日は不明 菅官房長官・桜を見る会】
 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、反社会的勢力が首相主催「桜を見る会」に参加していた場合は不適切かどうか政府の見解を問われ、「仮定の質問について答えは差し控えたい」として明言を避けた。
 菅氏はまた、今年4月の同会で安倍晋三首相らが推薦した「政治枠」名簿について「遅滞なく廃棄した」と説明。「内閣府のように予約制のシュレッダーを使っているわけではないため(廃棄日は)確認できない」と述べた。内閣府は5月9日に招待者名簿を廃棄したことが判明している。
(11月28日、時事通信) 

「反社会勢力」という造語をなしたの霞が関なのだから、自爆気味だし、仕方ないと思うけど、奈良選出の議員の秘書を務めていた身としては、苦いものがあるわけです。

実際、リアルに、その辺に、結構な数、紋々が入っている市会議員や市会議長がいたりするわけで、どこからどこまでが「反社」なのかって、現実には判断が難しいのも確かだと思います。
だって、「貴様紋が入ってるな、陳情など受け付けん、帰れ!」とは言えませんよ。

【参考】
・やっぱり特殊なお国柄?
・暴力団排除条例のリアル
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする