2020年01月03日

南京長江大橋

12月に南京に行った際に訪問。
何が面白いって、文化大革命の遺構の一つでもあることだ。

WeChat Image_20191224113128.jpg

南京長江大橋は1968年に完成したが、対外的には中ソ対立が深刻化し、国内的には文革が進行する中、「自力更生=独自路線」を象徴するものとして、当時は世界最長を誇った。そのデザインは、いかにも古典的社会主義のそれであり、デザインにはあまり独自性は見られないものの、文革風味は間違いなく残っている。

WeChat Image_20191224113119.jpg

橋の全長は6.7kmに及び、橋頭堡の高さは70メートルもある。二階建てで下を鉄道、上を車が走る。
下から見上げても、上から見下ろしても壮観だ。
見学料を払えば、記念館付きの橋堡を上って、橋を見物できるし、橋の上を歩くこともできる。

WeChat Image_20191224113116.jpg

長江両岸を見渡せば、多少なりとも中国史を知るものなら、感慨にふけるはずだ。

WeChat Image_20191224113123.jpg
橋堡から見た南京市街
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする