2020年01月07日

Struggle for Europe 1939 - 1945ほか

Xさんが中国語版の頒布を検討すべく、アメリカからいくつか試作品を取り寄せたので、お付き合いすることに。
初めて聞く会社だ。そんなところからもセールがあるのか、中国側から打診しているのか。
いやはや中国人の前向きパワーは凄いですわ。これも若さ故ですなぁ(遠い目)。

今回はWorthington Publishing社の「Struggle for Europe 1939 - 1945」と「Stalingrad Besieged 」。
どちらも入門的なゲームで、シミュレーションというよりボードゲームのニュアンス。

「Struggle for Europe 1939 - 1945」は簡単なカードドリブンで第二次世界大戦の欧州戦線全域をカバーしている。
二人用のゲームで、連合国プレイヤーは英仏米とソ連を全部受け持つ。
各プレイヤーは2アクション(2カード)を交互にプレイしていくのみで、ターンは存在しないが、デッキが終わると時代が次の段階に移行し、3デッキが終わるとゲーム終了という流れ。
移動・戦闘も生産もイベントも全てカードで、ダイスは振らない。
戦闘は両者のユニットの戦闘力合計と裏向きに出す航空支援値によって決定、相互にユニットを除去し、負けた方は退却するだけ。非常にシンプルだ。
ただ、ドイツは海上移動用のカードが非常に少ないため、ノルウェー、北アフリカあるいは英本土上陸するのは容易ではない。そのため、サドンデスによる勝利条件を満たすためには、ソ連に攻め込むしか無い。一方、連合国側は、第二デッキに移行するか、ドイツが攻めてくるまではソ連で一切行動できない。

WeChat Image_20191231112854.jpg

システム的にはシンプルで良くできているとは思うものの、パリが陥落してもフランスには連合軍ユニットが残り、英本土からちょろちょろ援軍が上陸してくるため、フランス領内で英仏百年戦争のようなゲームが始まってしまう。フランスから英軍をたたき出しても、すぐ戻ってきてしまうので、ソ連方面に十分な戦力を回すことができない。
またカードが非常に多いため、シンプルな割に延々とゲームが続く印象。
基本的なシステムは悪くないと思うのだが、デヴェロップが不十分な感じだ。

d1492b80a3597139c70596673dd8bcca_original.jpg

「Stalingrad Besieged 」はハッキリ言って軍人将棋(わかる人は50代以上か?)の世界。
裏向きにしたユニットを前に出して、ダイスを振って叩き合うだけ。
殆ど戦術も作戦も無く、ほぼ運ゲー。コンポーネントだけは充実しているように見えるが、そもそもゲームとして「どうよ!」というレベル。
入門者向けならもっと他に良いゲームがあるだろう。

結局、中国の皆さんからも散々な評価となり、お蔵入りする方向。

「(年末なのに)つまらないゲームをしてしまった(爆)」
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする