2020年01月15日

イラク議会が米軍撤退を要求

【イラク議会、米軍撤退を要求 イラン司令官殺害で】
 イラク議会は5日、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官がバグダッドで米軍の空爆により殺害されたことを受け、米軍主体の対テロ有志連合を撤退させることを政府に求める決議を採択した。決議は「米軍を含むすべての外国軍」の退去を求めている。イランの部隊についての扱いは不透明だ。
 議会のハルブシ議長は「有志連合に対するIS(過激派組織『イスラム国』)掃討支援要請を破棄するよう政府に求める表決を行った」と述べた。これに対し、米国務省のオルタガス報道官は声明で、決議に「失望している」と表明。有志連合の駐留継続の重要性について再考を求めると述べ、決定を見直すよう要請した。
 イラク各地の基地には米軍約5200人が駐留。米軍を中心とする有志連合は2014年、イラク政府の要請により駐留を開始した。
(1月6日、時事通信)

同決議案をめぐっては、撤退を要求するシーア派と慎重なスンニ派が対立するのかと思われたが、意外とすんなり「全ての外国軍の撤退」ということでまとまった模様。ここで対立すれば、そのまま内戦に突入してしまう恐れが強かっただけに、まずは回避された格好。
とはいえ、アメリカの傀儡議会が「飼い主に噛みつく」ことにかわりはなく、アメリカもすんなり「はいそうですか」と言うわけも無く、今度は「傀儡議会 vs.占領軍」という構図に移っていくことになる。

GMT「ラビリンス」(確か拡張セット)はこうした可能性もきちんとシミュレート(イベントカード化)しており、驚くほど再現性が高い。


posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする