2020年01月23日

TBP「沖縄戦」を初プレイ

TBP社の「OKINAWA!」を初プレイ。
近いタイミングでGJからも「沖縄の落日」が出ているが、沖縄戦の作品は内外を問わず珍しかっただけに急展開とも言える。

145435359.jpg

本作の特徴は陸戦だけでなく、海空戦までシミュレートされている点で、米軍による沖縄上陸から6月末までを扱う。
勝利条件もシンプルで、「ゲーム終了までに日本軍を盤上から除去できるか」でしかない。
マップもハーフマップ一枚で、ユニットも多くなく、色々シンプルなのは間違いないが、ルールは結構特徴的で、慣れるまではルールとにらめっこする必要がある。

日本軍はゲーム中に最大10回まで特攻作戦を行え、ダイスを振って出撃する特攻ユニットの数を決め、ユニットごとに任務部隊や艦砲部隊などの目標を決める。
米側は、自軍航空隊を制空と地上支援に分け、制空部隊は特攻の制止に当たる。制空・防空をすり抜けた特攻機は、空母部隊の場合はランダムで目標艦が決められるが、艦砲支援部隊の場合は旧式戦艦を選べるので、これが結構盛り上がるし、意外な確率で成功してしまう。史実からすると、「アメリカ人が作った割に日本人を喜ばせすぎでは?」と思えるくらいだ。

WeChat Image_20200113215813.jpg

地上戦は基本的にはオーソドックスな移動、戦闘なのだが、日本軍は攻撃と防御に際して「32軍予備ボックス」から予備隊を出すことができる。初期配置では、日本軍はわずかしかおらず、大半が予備となっている。一方、米軍は艦砲、砲兵、戦車、航空の支援を得て攻撃するわけだが、結果、「1対1でダイス修正+6」といったナゾな戦闘が多くなる。
そして、大体双方にダメージが入るのだが、ステップを失うか師団・軍の「疲労」で処理するかの選択をする。この疲労が蓄積すると、攻撃などに際してダイス修正が入ることになる。また、防御側は退却をステップロスに代えることも可能。

日本軍はとにかく「6月末まで耐える」ことが目標となるが、米軍は少しでも攻撃を控えると「宿題が終わらない」ことになるため、1対1だろうが、1対2だろうが、攻撃し続けることになる。

日本軍や特攻の評価はさておき、史実の「らしさ」が非常に良く再現されていて、一風変わったルールも「なるほど」と思わせるところが多く、ゲームとしてもシンプルにして面白いのだが、(我々のルールの読み違えかもしれないが)致命的なエラーが発見され、「最後の最後でこれか!惜しすぎる!」という評価になった。
このエラーを別にすれば、非常に面白いゲームである。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする