2020年05月06日

社会的圧力が支配する国へ

【「中傷の電話相次いだ」大阪府公表のパチンコ店、新たに1店舗休業】
 大阪府は26日、新型コロナウイルス対策の休業要請に応じず、店名を公表していたパチンコ店6店舗のうち、新たに1店舗が休業したと発表した。すでに2店舗が休業しており、引き続き営業しているのは堺市の3店舗になった。
 府によると、新たに休業したのは枚方市の「ベガス1700枚方店」。26日午前11時頃、府職員が店舗を訪れて、休業していることを確認した。店舗側は府に対し、「営業を続けていることに対し、誹謗(ひぼう)中傷する電話が相次いだ」と説明したという。
 一方、営業を続ける堺市のパチンコ店3店では、26日午後も、多くの客が訪れていた。
(4月26日、読売新聞)

あくまで自粛は自粛であるはずだが、実際には知事=権力者が「従わない者」を公表し、誹謗中傷させて「自粛」に追い込んでいる。
これでは、戦時中の特攻と同じでは無いか。
戦時中の特攻もまた、「志願しない」「志願する」「熱烈に志願する」から「選択」させて、「熱烈に志願したのだから、当人の自由意志によって自爆攻撃に行ってもらった」とされた。そして、軍部も天皇も無罪放免となった。

果たして政府が強制するのとどちらが良いか、私的には「民主主義だから自粛の方が良いに決まっている」とはとても思えない。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする