2020年05月16日

「政府対応の遅れ」とは何かを考える

ネット上では、リベラル派が「アベやめろ」とボルテージを上げているのに対し、ネトウヨが「銃後でサボタージュする非国民ども!」とばかりにかみついている。
俯瞰的に見た場合、NHKの世論調査でも内閣支持率は昨年末の45%が4月には39%にまで低下、5月はさらに低下するかもしれない情勢にある。
とはいえ、野党第一党の立憲民主党はさらに酷く、2月には6%以上あった支持率が4月には4.0%にまで低下している。ほとんどNK党と変わらない水準だ。
コロナ対応で、主な先進国では軒並みトップの支持率が上昇しているのに、日本は例外的に下がっている。政府に対する信頼度も日本は非常に低い。政府への信頼度は最低水準なのに、フランスやアメリカのような暴動が起きていないことも、日本の特徴と言える。

危機下においては政府の支持率が上がるのが歴史的によく見られる傾向だが、日本は低下しているということは、何かしらの原因があると見て良い。しかし、批判者はただ「対応が悪い」と言うだけで、具体的に何が悪かったのか、よくわからない。
そのためここで少しだけ整理しておきたい。

4月に行われた国立感染研の報告によれば、日本で流行している新型コロナウイルスの主な株は、三月半ばに欧州から帰国したものたちによってもたらされたものであるという。そして、その頃、国内の国際空港では中国や韓国などからの帰国者には検査していたが、欧州からの帰国者については殆どノーチェックだったという。この点はかなり致命的な問題であり、全体主義国であれば、担当者は労働矯正所送りだろう。

もう一つは、3月19日の食糧パニックである。この日、東京などでは「今晩にも総理が緊急事態宣言するらしい」との情報が流れ、市民がスーパーに殺到して、レジに1時間以上ならぶ事態となった。この情報の出所は新聞記者などで、情報源にはそれなりの確度があったはずだが、最終的に宣言は見送られた。しかし、市民は「宣言が出てもおかしくない」と考えて、買い占めに走ったのだ。後日から見れば喜劇だが、当事者的には合理的判断だったのだ。
そして、実際に緊急事態宣言が出されたのは二週間後の4月7日だった。報道ベースでは、安倍総理が五輪延期に「合意」したのが3月24日となっており、IOCが五輪延期を決定したのは3月30日だった。この間の意志決定過程は闇に包まれているが、3月19日のパニック源となった情報が「デマ」である可能性は非常に低く、やはり五輪開催に固執した結果、緊急事態宣言の発令が遅れたと考えるのが妥当だろう。恐らくは、少なくない市民が同様の「うさんくささ」を感じているからこそ、内閣支持率と政府への信頼が低下していると見て良い。

さらに言えば、10万円をめぐる特別定額給付金をめぐっても、総理や自民党が指導力を発揮できぬまま、財務省の「ケチケチ大作戦」に便乗して、「世帯あたり20万円」「所得制限」「役所に自分で申請」などなど恐ろしく複雑な制度を提起してしまい、「受給対象者は17%程度」「実際の給付は早くて七月、遅ければ9月」などと激しい批判を招いた。機を見るに敏なKM党(常に宗教セクトとして弾圧対象とされる危険があるため)がいち早く自民党の二階幹事長と結託して、安倍執行部に強い働きかけを行ったことで、軌道修正が実現したものの、関連法案の成立は4月30日となってしまった。
アメリカやドイツでは、4月初めにはすでに給付を開始していたことを考えれば、国民・市民生活に対する姿勢が疑われるのは当然だろう。もちろん明治帝政の末裔である自民党や霞が関官僚にとっては、現実感覚として「兵隊の命は一銭五厘」(実際の召集令状は郵送ではなかったが)の頃と何も変わっていないのだろうが、その「地」が出てしまった格好だった。

こうして見ると、「政府対応の遅さ、失敗」は否定しがたいものと言えるが、実際には内閣支持率の低下はさほど大きくはなく(45%から39%)、野党の存在感の無さと、奴隷教育による「(上の仕打ちに)耐えることが美徳」が自由主義社会における市民の自律性と批判精神を奪ってしまっていることも大きな原因となっていそうだ。しかし、その話をすると終わらなくなってしまうので、また次の機会としたい。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アベノマスクに祝福を!

WeChat Image_20200514083633.jpg

WeChat Image_20200514083644.jpg

馬関に燦然と輝く星にして、百戦百勝不敗の大将軍、我らが偉大なる指導者、安倍晋三様。我らが一家四人に、いまや黄金よりも貴重なる布マスク二枚など、もったいない限りにございます。
一家一同、みな感動のあまり身を震わせ、感涙にむせんでおる次第であります!!
posted by ケン at 10:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする