2020年05月20日

文春が最後の砦?

【黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」】
 東京高検検事長の黒川弘務氏(63)が、産経新聞社会部記者や朝日新聞の元検察担当記者らと賭けマージャンをしていたことが、「週刊文春」の取材で判明した。4人が集まったのは5月1日。小池百合子都知事が「ステイホーム週間」と位置付け不要不急の外出自粛を要請、また安倍晋三首相も「人との接触8割減」を強く求めていた緊急事態宣言下でのことだ。夜7時半頃に産経新聞A記者の自宅マンションに集合すると、午前2時近くまでマージャンは続いた。マージャンを終えた黒川氏は、産経新聞の用意したハイヤーで帰宅した。また、5月13日にも同様に黒川氏はA記者宅に向かい、深夜までマージャンをしていた。
 産経関係者の証言によれば、黒川氏は昔から、複数のメディアの記者と賭けマージャンに興じており、最近も続けていたという。その際には各社がハイヤーを用意するのが通例だった。マージャンは密閉空間で4人が密集し、密接な距離で卓を囲む「3密」の典型で、東京都も雀荘に休業を要請している。また、少額でも賭博罪に該当する。さらに、国家公務員倫理規程上も問題がある。人事院の見解は以下の通りだ。

「国家公務員が、会社の利益を目的とする人物(記者)から、社会通念上相当と認められる程度をこえて、接待や財産上の利益供与を受けている場合、国家公務員倫理規程に抵触するおそれがあります。そもそも賭けマージャンは刑法犯なので、そういう人物がいれば倫理法以前の問題。国家公務員法の98条(法令遵守)や99条(信用を傷つけてはいけない)といった一般服務義務に違反する可能性があり、懲戒免職といった事態も想定されます」
(5月20日、文春オンラインより抜粋)

何のことは無い、御当人のスキャンダルが発覚したので、法案採決が見送られただけのことだった。
スキャンダルが発覚してからでは、法案「見送り」では済まされなくなるため、早々に「一回チャラに」したのだろう。

ここで重要なのは、「野党が頑張ったから」ではなく、「週刊誌がスキャンダルをすっぱ抜いたから」ということだ。
本来は新聞などのメディアが果たすべき役割を果たさず、「文春か赤旗だけ」になっていることの深刻さを思うべきだろう。
つまり、自民党とKM党は文春を潰して、NK党を非合法化すれば、独裁を完成させることができるまでになっているのである。



posted by ケン at 18:32| Comment(6) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wildermyth


「Wildermyth」(steamにて早期アクセス中)

外出自粛のためPCゲームへの依存度が上がった中で、もっともはまっている作品の一つ。
ゲームのシステムは、オーソドックスなターン制のシミュレーションRPGであるが、キャラクター作成どころかシナリオ(クエスト)からダンジョンまで自動生成されるところが特徴。キャンペーンの枠組みだけは設定されているが、それ以外はランダムなのだ。
こう言うと、キャラやシナリオへの没入度が低いのではないか?と思うだろうが、そこがそうでもないところが非常に良くできている。

魔に覆われた世界で三人の村人が武器を持って立ち上がり、モンスターから世界を救うという、非常にオーソドックスな設定。
クエストの中では、冒険者の会話の中でたびたび選択肢が現れ、その選択によってシナリオの展開や戦闘の初期設定が異なってくる。
いくつかのクエストをこなす中で、ラスボスが浮かび上がり、それを倒すと、数年の「平和」が実現して、次章に進む。
平和の期間にキャラクターは老化し、年齢によっては引退して、次世代の冒険者に引き継がれる。
このため、単純にキャラを育てれば良いわけではなく、労務管理的視点から次世代を育成しないと、「平和後」にボコボコにされてしまう恐れがある。結果、クエストで得た新装備をベテランに渡すのか、新人に渡すのかで悩むことになる。死んだ英雄の装備は他のキャラに引き継がれず、一旦装備したものは他の仲間に渡せないところがポイントだ。
戦闘でキャラが倒された時も選択肢が現れ、「重傷を負って戦線離脱」「自らの命と引き換えに敵に大ダメージ」などの選択が迫られるのだが、これも悩まされるところ。低難度であれば、重傷離脱でOKなのだが。。。戦闘も結構シビアで、戦士と射手と魔法使いを上手く使い分けないと、すぐ大惨事になってしまう。
クエストをこなすごとに経験値を得て、レベルが上がると、基本値があがるとともに新たなスキルと装備を得る。
このスキルも三つの選択肢の中から一つを選ぶのだが、これまた結構悩んでしまう。

キャンペーンが進行すると、キャラが増えていくが、マップも広がり、そこここでモンスターが暴れ始めるので、パーティーを二つに分ける必要が出てくるが、この分け方でも非常に悩むことになる。新人だけのパーティーはすぐに全滅してしまうからだ。
そして、各地で暴れるモンスターを倒して廻ると同時に、「いつどのタイミングで、どのパーティー(組み合わせ)でボスのところに行くか」も難しい。

大まかなイメージは、「ディセント」(アークライト/FFG)に近い。
手書き風のアート、ペーパークラフトのボードゲーム風のコマ、音楽も良い感じで、非常に独特な雰囲気がある。
Steamにて「圧倒的好評」なのも頷ける
惜しむらくは、英語のみしかなく、私もフィーリングでストーリーを追っているのが現状だが、是非とも日本語化して欲しい作品である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする