2020年05月25日

自粛警察は日本の学校文化

EIU7VGzWoAAxahA.jpg

「自粛警察」は特異な一時的風潮ではなく、日本の学校で教育されたものである。
これらのケースを見て、思い出されたのは、小学校における「帰りの会(反省会)」だった。「A君が掃除しないで帰りました」「B君が給食をトイレに捨てていました」「C君は卒業式の練習の時、ちゃんと歌っていませんでした」などのオンパレード。反論しようものなら、クラス中から袋だたき。教員は加担することはあれども、児童を助けることはなく、さらには「何も報告は無いのですか?クラスの中でお互い注意し合って良いクラスをつくりましょう!」などと言う始末。

相互監視、内部告発、人民裁判、そして教員がこれを主導するも、建前上は「生徒による自主的な会」となっているため、誰も責任を取らない。
いかにも天皇制の象徴である。
日本の子どもは、「帰りの会」と中高の部活動で、こうした「文化」を叩き込まれ、洗脳されるのだから、よほど自律性が高いか、長く外国文化に接した者でもない限り、みな「自粛警察官」になってしまうのである。そのように育てられたのだから。

小学校時代と中高の部活を思い出すたびに、日本の教育制度に対する憎悪が増していく。私が左翼ながら「日教組=悪即斬」と思っているのは、ここに原点がある。
驚くべきことに、昨今では「帰りの会」はさらに強化されているという。子どもの自殺がますます増えるのは当然だろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(10) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする