2020年05月28日

タンク・ソルジャーズ〜史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち〜

最近は戦車映画が増えてしまって珍しくなくなってしまったし、戦争ドラマはロシアで大量生産(悪く言えば粗製濫造)されており、いささか食傷気味なくらいだ。
本作は、2018年にロシアの「チャンネル1」が制作した全八話のTVドラマ。
1942年冬にサラトフ戦車学校に士官候補生として入学した主人公と同地の衛生学校のヒロインを中心に話が進んでいく。
1943年7月のクルスク・プロホロフカ戦車戦がクライマックスとなって、幕を閉じる。



原題は「Крепкая Броня」、直訳するなら「堅い鎧」で、相変わらず原題が無視されている。
まぁ確かに戦車旅団を舞台とした戦車兵の話ではあるのだが、全体の6〜7割は戦車兵と衛生兵がくっついたり、別れたり、すれ違ったりという話で、「ソープ・オペラ」とまでは言わないが、丸々「パンしゃぶの構造」で、戦争ドラマなのか恋愛ドラマなのかわからなくなっている。
その割に、戦闘シーンや個々の兵士の描き方はそれなりにリアルになっており(陳腐な設定や嘘くさい設定も散見されるが)、「結局何を描きたかったの?」観がますます強まっている。

クライマックスのプロホロフカ戦車戦は、近年の研究では、従来のイメージのような大戦車戦(独軍装甲部隊とソ連戦車部隊の正面衝突)は殆ど行われていなかったとされる。
確かにこうして映像化されてみると、「戦車同士で正面から撃ち合う」のはいかにも間抜けに見えてしまう。
個別的には、T-34は実物を使っており、T-55を改造したティーガーも他作品よりは良くできているが、「見える戦車は全部ティーガー」であることには変わりなく、その辺も「またきゃ!」と言いたくなる。

総じて言えば、「八話使ってやるほどのネタじゃ無い」で、後から調べてみたら、ロシアのサイトでも10点満点で平均5〜6点だった。
ロシア人から見ても駄作だったのである。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする