2020年05月30日

自国民を欺して10万円を巻き上げようとする昭和帝政

【10万円「希望しない」欄省く 山形市長が会見】
 山形市の佐藤孝弘市長は20日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策として国民に一律10万円を配る特別定額給付金の受給を誤って辞退しないよう、郵送申請書に「(受給を)希望しない」の欄を設けずに発送したと明らかにした。
 総務省が見本として示す郵送申請書には、各世帯の氏名の右側に「給付金の受給を希望されない方は×印を御記入ください」とのチェック欄がある。市民が勘違いして記入する可能性があり、受給意思の有無を電話で再確認する職員の負担を軽減するため、市が独自にチェック欄を省いた。
 市は同一世帯の一部の人が受け取らないケースは少ないとみて、希望しない場合は申請書に書き込むよう呼び掛ける。佐藤市長は「総務省の申請書はあくまで参考例だが、記入を間違いやすいのではないか。希望しない市民は申請しないと思う」と指摘した。
 チェック欄を巡っては、記入ミスの確認など全国各地の自治体で事務作業が滞る事例が生じている。
(5月21日、河北新報)

これが正しい形。総務省から介入が無ければ良いけど。
実際には、何とかして、国民を欺してでも、自分で出した生活補償金を「辞退」させようというのが昭和帝政、霞が関官僚、自民党、KM党のやり口。こうしていまだにテロを恐れて特定政党をイニシャルでしか表現できないのは異常である。SGとKM党は早急に解散命令を出すべきだろう。

定額給付金については、全国的に「記入ミス」が発生し、意図に反して受給を「辞退」させられた者が無数にいるという。
これは元々「いかにして記入ミスを発生させて、少しでも多くの辞退者を出して、国家負担を抑制するか」を霞が関官僚どもが考えに考え抜いて練りだした手法のおかげだった。
しかし、これでいかほどの抑制が実現し、しかも欺されて(霞が関的には自主的に)辞退するような市民ほど、高齢もしくは知能などに難のあるものであることを考えれば、霞が関や自民党がどこを見て政治をしているか、あまりにも明白であろう。

posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 財政、社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする