2020年07月09日

香港問題をめぐる中国側視点

ソ連学を修めたケン先生的には、中国や北朝鮮をめぐる日本の報道や論説を見るにつけて、「冷戦期から一歩も進歩してない」と思ってしまう。
つまり、西側社会や日本の利益と視点のみで考え、相手側が何を考えて、どのような理由で行動しているのかについて全く考慮することなく、一方的に「悪」として断罪するという手法である。

香港問題も同様で、「中国による侵略」「独裁体制の強化」「自由社会への挑戦」などの根拠不明な一方的な断罪ばかりがはびこっている。
最終的な解釈は別にしても、中国側の視点や判断について分析を述べているものは殆ど見当たらない。中国側の主張や政策・戦略を検討せずに、レッテルを貼って断罪するのは、政治・外交の領域であって、それも悪質なものである。少なくとも報道や学術、あるいは情報分析の水準ではない。

ケン先生はソ連学を修めたものの責務として、「ソ連のアフガニスタン介入における意思決定過程」「「プラハの春」−ソ連の対応と誤算」「ソ連は何故ポーランドに軍事介入しなかったのか」などを書いて、当時のソ連指導部の意思決定を検証したが、当時の西側で報道、主張された「悪の帝国」に類する議論はほぼ確認できなかった。

話を戻せば、中国側の視点としては、「植民地期の禍根と利権構造の払拭」「犯罪者の逃亡先としての香港」「香港の民間団体を通じた反政府運動支援」といった要素がある。そして、何よりも香港は、阿片戦争によって暴力的に奪われた上に、アヘン販売の拠点として100年以上稼働していた、という事実がある。
若い人は知らないだろうが、返還前の香港というのは、それは酷いところで、高級ホテルの前には汚い格好をした子どもがたむろし、宿泊客が出てくると群がってチップをねだり、日本人はチップをばらまいて、英国人は子どもを蹴飛ばして追い散らすような有様だった。こうした状況が改善されるようになったのは、実は香港の返還交渉が始まった頃だと言われている。仮に英国人が、そこで子どもを殺害しても現地警察に逮捕されるようなことはなく、英本土に戻ればほぼお咎め無しの状態にあった。植民地とはそういうものである。

以下は、私が中国側の知識人などから得た中国側の認識である。
「植民地期の禍根と利権構造の払拭」というのは、イギリスによる長い植民地支配の中で成長した「買弁」のような現地仲介業者がいまだに根強い影響力を有しており、それが本土資本の進出や様々な改革を拒む要素となっていると同時に、独立運動や反中共運動の支援をも行っているという。西側諸国では香港は「自由経済の象徴」という認識だが、本土では「植民地利権構造の象徴」なのだ。この点だけ見ても、理解不能なレベルの認識格差がある。

「犯罪者の逃亡先としての香港」は、本土で犯罪や汚職を犯して逃亡する者が後を絶たず、それが悪い例となってさらに増え続けている事実である。中国本土では、経済発展と自由化に伴って日本のヤクザに相当する「黒社会」の影響力が大きくなっている。中国の街を歩けば、そこかしこに「黒社会の一掃」を謳うスローガンが掲げられており、日本人的には「そんなにヤバいの?」と思えてくるほどだ。
これも植民地時代の租界と同じ構図で、中国側からすれば、「植民地の残滓」ということになり、「(暴力的に奪われた植民地が)中途半端な形で返還された結果、150年を経ても中国の警察権が及ばない租界が構築されている」という認識になる。この辺は、治外法権が存在した明治期の日本人なら想像できるかもしれないが、現代日本人にはイメージを掴むことも困難だろう。

「香港の民間団体を通じた反政府運動支援」は冷戦期の残滓であるが、いまだに機能している。CIAなどを始め、西側の情報機関は反中共運動家を支援して、香港に拠点を作らせて運動を展開させている。また、香港の民間団体を通じて、民主団体や民族独立運動などに対して様々な「援助」が行っている。こうした手法は、まさに冷戦期にソ連が各国共産党を支援し、アメリカが東側諸国の民主化運動を支援した構図の延長線上にある。香港は「香港だから」という理由だけで、そうした活動が自由に展開されている。「一国二制度」は、「西側陣営の中国国内の租界的拠点」でしかなく、中国的には「摘出されずに体内に留まっている弾丸」のような存在になっている。

さらに歴史的には、香港は阿片戦争によって英国に一方的に奪われた植民地の象徴であり、その後もずっとアヘンの供給源、犯罪者の逃亡先、列強介入の拠点などとして存在し続けた。中国本土からすれば、「悪の巣窟」であり、「植民地期の遺産」なのだ。ところが、西側に来ると途端に「自由と民主主義の象徴」とされてしまい、それがますます中国本土を激高させる要因になっている。つまり、「自由」「民主」を旗印にして、再び列強介入する意志が認められるからだ。

「潰せるときに潰せ、それは今である」というのが中共指導部の潜在的認識なのだが、上記の理由を対外的にわかりやすくアピールできていないところに、中国の中華思想(俺=世界)とジャイアニスム(俺が全て正しいのだから、いちいち説明する必要は無い)の弱点が見て取れる。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする