2020年10月01日

結局オンライン授業継続

結局、渡航できないままオンライン授業による新学年が始まった。
9月1日より中国への入国自体は可能になったが、飛行機は殆ど飛んでいないし、様々な手続きなども個人レベルで対応するのは厳しい状況にある。やはり高度なビジネス向けなのだろう。

10月にはもう少し緩和されるかと思いきや、そうはならず、渡航できるのは早くても11月後半となりそう。
しかし、そこで渡航しても、向こうで二週間ホテルと自宅で待機となれば、実質一ヶ月しか授業できず、すぐ期末試験、冬休みとなってしまう。
今ひとつ現実感が無い。

とはいえ、冬になれば、感染が再拡大するのはほぼ確実であり、このタイミングで渡航しておかなければ、来期(三月からの後期授業)もオンラインとなりかねない。その場合、現学年の学生とは殆ど顔を合わせない形になってしまい、それはそれで心苦しいものがある。
やはりオンラインは相当部分が一方通行になってしまい、25人もいるクラスで語学の授業などは効果が低すぎる。
例年であれば、毎年一クラスで3〜5人は留学しているのだが、渡航が途絶しているため、全員クラスにおり、学生が増えてしまっているのも負担だ。

「副業」の研究の方も、ようやく中国側の研究者に知己を得つつあったものが、完全に中断してしまい、無駄にはならないものの、わざわざ中国に居住権を得た意味は殆ど失われている。
とはいえ、原状復帰に近づくのは、来年後半を待つ必要があるようで、まだまだ厳しい状況が続きそうではある。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする