2020年10月13日

日本の子どもは先進国で最も不幸?

【日本の子ども、幸福度が最低水準 ユニセフの38カ国調査】
 国連児童基金(ユニセフ)は3日、先進・新興国38カ国に住む子どもの幸福度を調査した報告書を公表、日本の子どもは生活満足度の低さ、自殺率の高さから「精神的な幸福度」が37位と最低レベルだった。「身体的健康」では1位で、経済的にも比較的恵まれていたが、学校のいじめや家庭内の不和などを理由に幸福を感じていない実態が明らかになった。
 教育評論家の尾木直樹さんは、日本の学校現場を「いじめ地獄」と表現、偏差値偏重による受験競争過熱も相まって「子どもの自己肯定感が低く、幸福感が育たないのは必然的だ」と指摘した。
(9月3日、共同通信)

記事の見出しにやや難がある。最低水準なのはあくまでも「精神的な幸福度」だからだ。
同時に、むしろ「精神的」というところに日本社会の問題の本質がある。

他の先進国と同様、日本も急速に中間層が没落し、相対的貧困率が上昇傾向にあるが、外面上は豊かさを保っている。
しかし、個々人のレベルでは不安とストレスが全体的に肥大化しているように見える。
一つの証左としては、企業や公共団体における精神疾患者や過労離脱者の増大が挙げられる。
例えば、2019年のデータによると、過労死ラインを越えて働く中学校教員は約6割、心の病を患い休職している教員は全国で5000人を超えているという。

大人が過度のストレスと不安にさらされている社会で、子どもだけが幸福を感じることは無いだろう。
そして、日本の学校生活もまた地獄度を増している。
例えば、小学校における「いじめ」の認知件数は、2012年に11万4千件で「過去最多」となったものが、2019年には54万4千件を記録している。
これは「いじめが増えた」というよりも「認知件数が増えた」と言うべき話ではあるが、少なくとも減少傾向にはなく、実際にも増えている感触がある。
各種調査でも、日本の子どもの自己肯定感は他国に比して断トツに低く、自己肯定感を有している(自分のあり方に満足している)者の割合は五割を切るというデータもある。

日本の学校は、部活動と内申書に象徴されるように、教員や部活顧問を頂点とし、先輩が後輩の上に立って精神的、暴力的に支配する構造を基盤としている。
始業式や卒業式、あるいは運動会において繰り返し「練習」させられるのは、全体主義国におけるマスゲーム同様、生徒の個性を否定し、権威に従属させることを目的としている。学校行事を事前に「練習」する国は、少なくとも欧米には無い。ソ連ですら、卒業式や運動会の予行演習は無かったような感じがする。

子どもの「幸福」を「回復」したいのであれば、まずは企業における長時間労働を是正し、企業内における飲食(飲み会)を禁止、有休の完全取得を実現する必要がある。親と子どもがともに過ごす時間を増やすためだ。
また、学校では全ての公式行事と部活動を廃止、午後4時には校門を閉めて全ての生徒を下校させるべきだ。内申書は、申請によって公開する制度も必要だろう。
まずは「できること」から始めるべきだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(5) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする