2020年10月22日

社民、新立憲との合流に反対

【社民、立民との合流に慎重論続出 党全国幹事長会議】
 社民党は9日、全国幹事長会議を国会内で開き、立憲民主党との合流の是非を議論した。出席者からは推進論より慎重な対応を求める意見が続出し、多数を占めた。執行部は11月14日に臨時党大会を開いて結論を得たい考え。今月15日の常任幹事会で解党や合流に関する決議案を、党大会の議題にするかどうか協議する。執行部は、福島瑞穂党首ら合流慎重派と吉田忠智幹事長ら合流推進派で賛否が割れている。福島氏はあいさつで「解党(の是非)は日本政治や党員にとって極めて大きな問題だ」と強調。旧社会党時代と合わせて結党75年になる「護憲の老舗」の一大局面だとして真剣な議論を求めた。
(10月9日、共同通信)

今さら合流しても、実質ただの吸収合併になってしまうだけに、反対論が続出するのも当然だろう。
組織と勢力を残しているところほど合流論に傾く一方、弱いところほど独自性と既得権益を守るために独立を維持したい傾向にある。
いま合流を主張している連中も、17年まえの「民自合流」に際して起きた合流論議のときには皆反対していただけに、「何を今さら」感が半端ない。

そもそも社会主義を放棄して、主張を憲法や平和に集約させてしまった時点で、存在意義が殆ど失われてしまったとも言える。
逆を言えば、この17年間、少なくとも憲法と平和は守られたのだから、「勝利条件は達成している」とも言えるので、まぁ満足してそのまま全うしていただいてよろしいのではなかろうか。
同党員の多くが心酔している浅沼稲次郎の親軍路線に向かわなかったことを是としていれば、良いのでは無いか。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする