2020年12月18日

Netflix『クイーンズ・ギャンビット』



11月に配信開始されたNetflix『クイーンズ・ギャンビット』を見る。
一ヶ月で6千万以上のアカウントを達成したというモンスター・コンテンツだ。
しかも、(今どき)チェスというゲームを題材にしているのだから、尚更だろう。

1960年代のアメリカを舞台に、孤児の少女が孤児院の用務員にチェスを教わってのし上がり、チェス棋士として独り立ちし、最後にはソ連で世界最強のプレイヤーと戦うまでを描く。
ミニ・シリーズで7回だけなので、あっという間に見られるが、心地よいテンポで進み、無駄がない割に「ここまで来たか」という到達感や達成感をも感じさせてくれる。
ただ、チェスと成長物語だけなら良いのだが、依存症、フェミニスム、性差別を手始めに膨大な記号が盛り込まれており、現代風ではあるのだが、「盛りすぎ」感は否めない。あまり気にしなければ良いだけかもしれないが、いちいち反応していると疲れてしまうだろう。

私もチェスは何となくしかわからないのだが、ルールを知らなくても楽しませてくれる演出があり、それでいてそれなりに譜面も見せてくれるので、飽きることはないだろう。一応カスパロフ氏が指導しているらしい。
チェスだけでなく、1960年代の音楽とファッションが上手に再現され、使われており、60年代好きとしてはたまらない。
主人公のベスは50年代調のダサいファッションをお仕着せられるが、自分で稼いで60年代の象徴となっていく様を見てるだけでも、多少服装史をかじったものとしては懐かしく感じられる(アメリカンだからダサいはダサいのだが)。
主人公を演じるアニャ・テイラー=ジョイの演技も素晴らしい。基本的に無表情の主人公だが、眼力と顔の筋肉で極めて繊細な意思表示を表現しており、ただただ感嘆させられる。まだ若いのに、その存在感たるや大したものだ。

ゲーマー的には、チェスがアメリカではマイナーな競技であったことを初めて知った。
ソ連時代は、本作でも描かれていたように、公園で老人たちがチェスに興じていたし、フランスでも公園やカフェでチェスがプレイされているのを見たことがあるが、アメリカはそうではないようだ。基本、マッチョ文化だからだろう。
ドラマのラストは、世界最強のプレイヤーと戦うためにモスクワに飛ぶのだが、その話も「ジャンプ系」そのものな感じで、激アツだ。ソ連の描き方も、冷戦期のような「悪の帝国」ではない。

とにかく色々見どころ満載の作品であり、私も早々に二回目を見てしまいそうだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする