2020年12月31日

マクロン、おみゃあもか!

【仏政府が「6人まで」要請する中…マクロン大統領は10人超で会食 感染判明で同席者が自主隔離】
 フランスでマクロン大統領の新型コロナウイルス感染の余波が広がっている。クリスマスを前に仏政府は「会食の参加者は6人まで」と国民に求めていたが、マクロン氏自身が感染判明前夜に10人以上で会食していたことが判明。参加者が次々と自主隔離する事態に、仏メディアは「クラスター(感染者集団)化の恐れもある」と報じている。
 マクロン氏は17日朝にPCR検査で感染が判明。その後もオンライン会議に出席するなど執務を続けたが、せきや疲労感の症状があるという。仏政府は午後8時以降の外出禁止令を発令中だが、16日夜のエリゼ宮(大統領府)での会食は未明まで続いた。参加者は与党の有力議員や大統領顧問ら10数人で、マクロン氏の最も近くに座ったカステックス首相やフェラン国民議会(下院)議長らが保健当局の指示で自主隔離を始めた。大統領府は「政治課題を話し合う目的で、感染防止のため700人収容の大広間を使用した」と説明。参加者の1人は公共ラジオのフランス・アンフォに「1.5メートル間隔で座り、換気もして、食事中以外はマスクを着けていた」と証言した。
 コロナ軽視の姿勢を貫いた末に10月に感染したトランプ米大統領らと異なり、マクロン氏は「外出時は消毒液を持参するなど常に用心していた」(政府広報官)という。感染判明前まで各国首脳らとの会談や会食も重ねており、会談相手の自主隔離も相次いでいる。先進7カ国(G7)の首脳ではジョンソン英首相が3月に感染しており、マクロン氏は3人目となる。
(12月18日、東京新聞)

実はフランスも同じだったわけだが、政府に対する国民の反応は全く異なる件。

政治家というのは、本質的には「オレが作った法律を他人に守らせる」仕事であり、多くの場合、自分は「法律を守る側でもある」自覚がすっぽり抜け落ちてしまっている。
支持者は支持者で利権目当てで権力者に群がり、市民的自覚のない政治家は便宜供与して支持を強化する。往年の名作ゲーム「フンタ」の原理は、現代の民主国家においても健在である。

危機下において権力が集中、強化されればされるほど、権力の腐敗と市民的自覚の喪失が加速していく構図にある。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする