2021年01月04日

小池都知事が子どもに慰問状作成を要請?

【小池都知事 小中学生を動員≠オ医療従事者に感謝の年賀状プラン 案の定ブーイング】
 小池百合子東京都知事(68)が21日、臨時記者会見を行った。この日、新型コロナウイルスに新たに感染が判明したのは392人。小池氏は「年末年始コロナ特別警報」を発していた。
 会見で小池氏が訴えたのは、医療従事者への感謝の気持ちだ。小池氏は「小中学生に感謝の手紙を送ることを呼び掛けたい。この時期ですから年賀状ですね」と宣言。なんと看護師などコロナ対策の最前線で働く医療従事者に、都内の子どもたちから年賀状を送らせようというのだ。
 この案に対して、リアルタイムで会見を視聴していたツイッターユーザーからは「ズコーッてなってしまった」「私が看護師だったら破り捨てるわ」「そのお金は誰が出すの」「バカにしてんのか」とネガティブなコメントが殺到している。
 もちろん医療現場にお金も出す。年末年始に営業する薬局や、コロナに感染した入院患者を受け入れる医療機関への協力金を用意している。
 小池氏が年末年始にかける思いは真剣だ。「静かな年末年始があったからこそ、2021年は穏やかに過ごすことができたねと思えるようにしましょう」と熱く訴えた。
 これから都内の小中学生は年賀状を書くのに忙しくなりそうだ。
(12月21日、東京スポーツ)

小池氏は「小中学生に感謝の手紙を送ることを呼び掛けたい。この時期ですから年賀状ですね」と宣言。なんと看護師などコロナ対策の最前線で働く医療従事者に、都内の子どもたちから年賀状を送らせようというのだ。

知事の頭の中はもう「慰問袋」でいっぱいなんだろうな。
都民ファーストの皆さんはもう率先して教育委員会に圧力かけているに違いない。
日本の子どもは本当に幸せですなぁ。

やりたいなら、都知事名で感謝状を書いてコスプレ写真でも添付して、「対新型コロナ戦従軍記章」でも送れば十分であろう。そのための褒章制度ではないか。
さらに付け加えると、都知事に教育に介入する権限はなく、明らかに独裁を志向した越権行為である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする