2021年01月18日

焼け石に水の1床300万円

【病床補助、宣言対象外も上積み コロナ対応、1床300万円 厚労省】
 厚生労働省は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、病床を新たに確保する医療機関に対する補助について、緊急事態宣言の対象外の地域でも1床当たり300万円上積みする方針を明らかにした。
 菅義偉首相は7日、宣言が発令された東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で同450万円加算する方針を示しており、全国でコロナ患者受け入れの体制強化を急ぐ。 
(1月8日、時事通信)

すでに看護師を中心に医療従事者の離職が増加、病院は満床なのに赤字続出という有様で、

「1床増やしたら300万円あげちゃうから、どんどん増やしちゃってよ(キラッ)!」

という厚労省。頭の中がお花畑すぎる。
新型コロナの感染者を誰でも彼でも収容していればすぐにパンクするのは当然だろう。

無発症、軽症者にはGPSを付けて自宅療養を強制すれば済む話であり、そのための法整備期間は半年以上あったはずだ。
誤った認識の下で、誤った対応を行い、己の過ちを認めないがゆえに、負のスパイラルがさらに急加速していると言えよう。

日本の場合、中小の病院が多く、中小はコロナ患者を受け入れなるだけの設備が無いため、大病院に集中、破綻が始まるという構図もある。
公的機関が強制力を持ち、人員配置にも融通を効かせられる公的病院をことごとく民営化してしまったツケも回っている。
これは、小泉改革や維新を支持した国民による民主的選択の帰結でもある。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 財政、社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする