2010年06月04日

代表選の動きと短期的展望

今回の代表選は「反小沢ありき」で始まった。
小沢氏が表だって動けず、小沢派が竦んでいる間に、「反小沢」で結集して、先行・逃げ切りで行こうという方針になったようだ。
菅氏が、沖縄問題などで沈黙を守っていたことを幸いに、反小沢・非主流派が菅氏を担ぎ上げる結果となった。
旧社会党系も(珍しく)いち早く菅氏支持を表明し、流れを加速させた。(珍しく)G長本人が動いていたのは驚きだった。

彼らの予想通り、小沢氏は動かず(動いていたという話もある)、小沢派の動きは鈍かった。
K江田氏やH口氏を担ぎ出そうという動きは、水面下であったものの実現せず、自主投票とせざるを得なかった。
このことは、彼らが小沢氏の指示(あるいは示唆)なくしては能動的に動けない存在であることを示している。

対抗馬となった樽床氏は、自らの派を持つわけでもなく、いわば(M下政経塾系にありがちな)スタンドプレーで早々に立候補を表明した形だった。
確かに、今回は現職閣僚が動きづらい情勢にあり、非閣僚・政務三役でベテランの議員はごく限られており、日の目を見なかった人たちにとっては千載一遇のチャンスだった。
本人の個人的な人柄(無難に好かれるタイプ)と、候補を擁立できずに不満を溜めていた小沢派の一部を取り込む形で、立候補にこぎ着けた。
しかし、樽床氏の偉いところは、自分で民主党議員の事務所を一軒ずつ挨拶して廻り、さらに自分で各議員に2回も電話していた点にある。その行動力は、高く評価したい(政策は別にして)。
その点、菅氏の側は完全に「殿様選挙」であり、みな余裕顔で代表選に臨んでおり、プロの目からすると不安を感じさせるに十分だった。

個人的には、やはり非常に不満の残る代表選となった。
先にも指摘したが、本来連帯責任を負うはずの、しかも副総理というナンバー2の立場にあった菅氏が「昇格」するような形の人事には、憲政倫理の上で問題があると言わざるを得ない。
その菅氏自身、自分が支えるべき鳩山政権に対するいかなる総括もしていない。
菅氏には、「ボスを切り捨てて昇格する」という不倫を繕う義務があるはずだが、果たしていない。
菅氏を担ぎ上げた連中は、第一に「反小沢ありき」で、第二に「閣僚ポストを守りたい」という動機で動いており、これも不純極まりなかった。

その点、樽床氏はスタンドプレーではあったものの、「小沢氏云々ではなく、政策と世代交代」と主張した点で、よりスタンスが明確だった。
しかし、その政策が「第一に衆院定数削減」では、やはり事の軽重を取り違えているとしか思えない。

前原氏や野田氏など、本来政策的にかなり異なる人たちが、自らの主張を封印して、党内力学の論理でもって、菅氏を推したことは、「やっぱり自民党と同じでは」と言われても致し方ないであろう。
自分たちが出られないのであれば、やはり独自の候補を立てて、スタンスを明確にすべきであった。
反小沢意識が強すぎて、本来の自分を見失ってしまったのは、残念なことである。
小沢派が動きづらい今こそ、彼ら自身の旗を高く掲げる最良の機会であったはずなのだが、それをみすみす見逃してしまったことは、後々悪い影響を残すであろう。

小沢氏が動かなかった理由は明白だ。
この困難な情勢の中で、代表を取りに行くのは、敢えて火中の栗を拾うようなものであり、「誰になろうと、どのみち長くない」という読みがあったことは容易に推測できる。
まず近々に参院選を控え、そこで過半数を失った場合、いきなり政権運営につまずくことになる。
連立交渉は、足元を見られ、次の総選挙のことを考えれば、誰も連立には乗らないであろう。
野党でいる方が選挙に有利であることが、あまりにも明らかだからだ。
連立交渉に失敗した場合、グダグダのまま続けるか、衆議院を解散させるかの、二者択一となるが、どちらも酷い結果にしかならないだろう。続けたところで、予算審議すらままならず、早々に行き詰まるだろう。
つまり、次の政権は、早くて3カ月、長くても予算通過までの10カ月程度と、短命に終わる公算が高い。
参院選で与党が過半数を維持できた場合のみ、その状況を回避できるが、その見込みは今のところ立っていない。
そして、今の代表の任期は、今年の9月までであることから、9月に一波乱ある可能性も十二分にある。
9月の代表選を主戦場とし、「新代表の下で解散・総選挙を打って、政界再編を期す」という戦略を描くのは、(少なくともプロあるいはゲーマーの論理としては)ごく自然な話であろう。
それまでは、一度戦線を整理し、戦力を補充して、決戦に備えることになる。

いずれにせよ、小沢氏の支援のない体制は、非常に不安定なものにならざるを得ない。
小沢氏が一言、
「オレは他党にトモダチを求めたっていいんだぜ!」
とつぶやけば、それで吹っ飛んでしまうかもしれないからだ。
今回の菅・前原一派の代表工作は、準備ができていないところを奇襲した日独と同じで、一撃を与えたは良いものの、相手が本気になって反撃してきた場合、グダグダになってしまう可能性が高い。
私もそれを見越して、ボスには政局に深入りしないよう進言している。
小沢派は一旦退いたとはいえ、政局の(実質的)主導権は、引き続き小沢氏が保持することになるだろう。
良くも悪くも(って悪いことだらけだが)、日本の政治全体が、混沌の度合いを増していくことは間違いないであろう。

【追記】
それにしても、昨今の日本人はおよそ道徳観に欠けているとしか思えない。
昨年の総選挙で圧勝(政権交代)できた功績のほとんどは、小沢氏に依る。
また、氏が代表を務めていた時、自民党との大連立工作に失敗して、辞意を表明したが、その際、寄ってたかって慰留したのは誰だったか。
多大なる恩や過去の言動を忘れ、マスコミがつくったイメージに踊らされる世論に便乗する形で、鳩山・小沢下ろしを繰り広げたのが、今回の騒動だった。
問題が生じると、結局小沢氏の力を借りないと何もできないくせに、賜った恩には感謝することなく、文句だけ言い続ける姿は、醜悪としか言いようがない。

この場を借りて、小沢氏と鳩山氏には御礼を申し上げたい。
posted by ケン at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
争いが終わって読むと、なかなか参考になる話です。
G長が自ら動いているというのは興味深いですね。Y派の主導権が、自らが神棚に祀られ、三月会・協会派出身のK石氏、T島氏に牛耳られてしまったことが面白く亡かったのかと読みましたが、どうでしょうかね。
Posted by きょうも歩く at 2010年06月04日 23:10
G長御自ら電話をかけまくっているのには、驚きでした。
「まだそんなことできるんだ〜」
みたいな(笑、失礼)
よほど腹に据えかねるものがあったのでしょう。

K石氏、T島氏のこともあるでしょうが、それ以上にあまりにも酷い国会運営(国対)が我慢ならなかったのだと思います。
一会期中に二度も不信任決議を出されるところだったんですから。

それと、全体として影響力を低下しつつあった旧社会党系にとっても、今回の政変は影響力強化に向けた千載一遇のチャンスでした。
目立ちはしませんが、一致団結して対応できたことは大きかったと思われます。
Posted by ケン at 2010年06月06日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック