2005年05月01日

Человек аналоговый

Долго сам не печатал фотографию.

atsuta.JPG
Храм"Atsuta-jingu"(Nagoya)

Говорят, что про чёрно-белое фотографии снимать-половина и печатать-половина.
Во время печати надо внимать темноту или "твёрдость" по своему вкусу.
Эти я снимал, когда мы были "Исэ" и "Кумано" в этом марте по путешествии.
Вам видно наше "божество" ?
Аналогое чёрно-белое имеет способность проявлятьвоздух, который ни цифровой аппарат, ни цветная плёнка не может выражать.

nachi-1.JPG
Каскад "Nachi"(那智の滝)

Сейчас на работе почти всё снимать цифровой аппараткой.
Но, я никога не захотел заниматься с ним творчеством.
Однажды сказали, что Кэн фотографирует не с аппаратом, а со своей душей.

nachi-2.JPG
"Nachi"(那智)

В конце концов я аналоговый человек.

(訳)
久しぶりに自分で写真を焼いた。

モノクロ写真は撮影して半分、プリントして半分と言われる。
焼く時にも、「濃さ」や「堅さ」を考えながら、自分の好みに合わせる。
写真は、3月に伊勢・熊野に行った時のもの。
「カミ」が見えるだろうか。
アナログのモノクロには、デジタルやカラーでは表現できない空気を現出させる能力を持っている。

仕事の撮影はほぼ完全にデジタルカメラを使用する。
しかし、デジタルで作品を撮る気にはどうしてもなれない。
ケンさんは魂で写真を撮っている、と言われたことがある。

やはり私はアナログな人間なのだ。
posted by ケン at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | русский язык | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック