2005年07月16日

Приглашение из России

Наконец пришло приглашение из России.
И теперь я могу сообщать вам о своей работе.

Значит, буду преподавать японского языка в Уссурийском Государтвенном Педагогическом Институте с сентября.
Я буду там первым японским преподавателем.
Уссурийск находится в Приморском крае, рядом с Владивостоком.
Наверно, там японец не живёт.

Слышал, что просители на эту работу были 7-8 человек.
Почему меня выбрали?
Говарить по-русски? Привычка к жизи в России?
Наверно обо.
В России, оссобенно в деревне, самое главное- жить продолжать.
Значит, надо терпеть холод, одиночество и всякие культурные разницы.
И мало развлечениев.
Поэтому надо сам себе искать право на существование.
Больше всего я люблю Россию, катаюсь на лошадь и интересуюсь Сибирском анимизмом, и эти важны для того, чтобы не скучатьна долгой жизни в России.

Но, проблемов много.
Я не знаю даже каким учебником преподавать в институте.
Сказали; "мы уже в каникулах и все преподаватети не в городе, поэтому спросить не возможно."
Какой ужас!
Поэтому мне надо исполнить без приготовки.
В России это обычное.

Отправление в конце августа на корабре из Тояма.
Жду с нетерпением.

(訳)
ついにロシアの大学から招請状が届いた。
ようやくこれで公表できるようになった。

要請を受け、9月からロシアのU国立教育大学で日本語の講師を務めることになった。
日本人の教員は初めてとのこと。
Uは沿海州、浦塩(分かる?)のそばにある小さな町だ。
おそらく日本人は誰も住んでいないだろう。

応募者は7、8人いたと聞き及んだ。
なぜ私が選ばれたのだろうか。
ロシア語を話すからか?これは他にもいそうだ。
過酷なロシアの生活に慣れていそうだったからか?
ロシアの、特に田舎で要求されることは、まず「生き延びること」だ。
ロシアで生きていくためには、冬の寒さと孤独、そして大きなカルチャーギャップに耐えられなければならない。娯楽も少ない。
それ故に、存在意義や生存理由を自分で探さねばならない。
私の場合、何よりロシアが好きで、乗馬を愛し、シベリアのシャーマニズムなどにも関心がある。こうしたことが、長いロシア生活を退屈させない(鬱に陥らない)ために重要な鍵となるのだ。

しかし、問題も多い。
任地の大学では、どんな教科書を使っているのかも知らされていないのだ。
担当の学部長曰く、「みんな休暇に入ってしまい、連絡が取れないので、質問には答えられない(身一つで来てくれ)。」

……ありえねぇ。

従って、私が得意な「ぶっつけ本番」となる。
ロシアでは当たり前のことなのだが。

出発は、8月末、富山から船になるだろう。
待ち遠しい限りだ。
posted by ケン at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | русский язык | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
219.102.179.136
URL:
DATE: 07/20/2005 22:50:10
月子さん、こんばんは。

むこうでもネットには接続できるそうなので、もちろん続けます。
部屋でノートに接続できると最高なのですが、どうでしょうねぇ。

ロシアに行ってもよろしくお願いします。
Posted by ケン at 1970年01月01日 00:00
222.158.186.86
URL:
DATE: 07/20/2005 22:06:44
ケンさん、こんばんは。

ロシアでの就職決定おめでとうございます。
なんだか寂しい気もしますが、このブログはむこうでもお書きになりますか。

かの地からのご報告、楽しみにしております。
Posted by 月子 at 1970年01月01日 00:00
/me Задумался...
Если все таки в Японии есть желающие жить в России, и тем более в Сибири, то почему же так сложно найти преподавателя Японского языка например у нас в Тюмени?
Posted by Hakujin at 2007年11月28日 16:26
Спасибо за комент.
Для нас у вас в России ить очень тяжело.
Кроме нескольких городах япоцев очень мало.
Мароз, беспорядок, строгие и странные законы, и т.д.
Но, я сам хотел бы опять посещать Россию и преподавать японский язык, если можно где-то на Урале.
Posted by ケン at 2007年11月29日 00:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック