2015年08月20日

第14回世界バレエフェスタ Bプロ

L028525.jpg

少し間を置いてしまったが、3年ぶりの世界バレエフェスタの報告。バレエ鑑賞自体、久々になってしまった。
今年も会期がずれ込んで早退できるか気が気でなかったが、幸いにして何事も無く、それでもギリギリでブザーが鳴っている最中に着席する有様だった。6時開演とか色々無理デス。
座ってみると、わずかに空席が確認され、ここ15年ほど見続けているが、満席で無かった記憶はない。相変わらず9割以上が女性という世界だが、1つ置いた隣が男性三人組で、同行したお姉様が非常に気になっていた模様。
何人か怪我人が出て、プログラムに変更が生じていたが、確認する前に開演してしまった。

前回同様、ロシアとドイツのダンサーが多くを占めている。中でもやはりロパートキナとヴィシニョワが素晴らしい。今回はザハロワ女史が参加されておらず、超残念。
前回に引き続いてロパートキナ女史が「瀕死の白鳥」を演じているが、相変わらずの完璧な白鳥ぶり。生と死、動と静の対比は、「これぞ正しく自分が見たかったもの」だった。神に選ばれたダンサーしか踊れない演目であることを再確認。11月の来日公演「愛の伝説」も超楽しみ。



ダニール・シムキンの「レ・ブルジョワ」も凄かった。何と言っても跳躍が高いし、あの斜めな態勢で跳んであの滞空時間を維持できるのは、中にバネでも入っているのでは無いかと。天才ですな。
アイシュバルトの「椿姫」もほれぼれする美しさ。華やかにして艶やかなイメージが椿姫にピッタリ。
サレンコのジュリエットもはまり役。小柄で可愛らしい感じが良いのだろうが、でもあれでもう30過ぎてるんだよな。演技力も凄いデス。

しかし、前回も同じ感慨を抱いたのだが、舞踏という点で「フェスティバル」の祭典的要素がやや薄くなっており、全体的にモダンを含めても教科書的な無難な振付と演技になっていた気がする。私的には、せっかくの祝祭なのだから、もっとはっちゃけて良いと思うのだが、次回に期待したい。
posted by ケン at 12:41| Comment(0) | バレエ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: