2016年01月24日

バレエからヨガへ

腰を痛めてバレエを止め、1年前に急性腰痛を患ってから、整骨院に通院しながらヨガとピラティスでリハビリに努めている。ピラティスは、もともとバレエ用の体幹を鍛えるために始めたものだったが、本来傷痍軍人のリハビリをスポーツ化したものであるだけに、腰痛のリハビリとしても十分に機能していると思われる。ただ、ピラティスだけだと物足りなく思えてきて、ダイエットを兼ねて始めたのがホットヨガだった。同じ系列のヨガスタジオがすぐ近くにあったことも大きい。

私の人生も完全に後半期に入っているため、実際には「体を鍛える」というよりも「肉体老化を少しでも遅らせて、悪影響を減らす」ことが目的となる。例えば、職場の同僚は、私と同い年ながら「五十肩」を患って腕が肩より上に上がらなくなっているし、老眼も甚だしいという。このうち、老眼はどうにもならないかもしれないが(一定まで進行したらレイシックという手もある)、五十肩はある程度予防できる。
四十肩あるいは五十肩と呼ばれるものは、要は肩関節の劣化であり、特に肩甲骨の経年劣化に負うところが大きい。そして、関節部の経年劣化は「使わない」ことで加速される。つまり、平素腕や肩を動かさないことが劣化を促進しているのだ。
これを避けるためには、平素から腕や肩を動かすことが必要で、一般的には水泳やゴルフ、野球やテニスなどが考えられる。関節部の劣化そのものは止められないが、周辺の筋肉を鍛えることで関節部を補強することが可能だからだ。
私の場合は慢性腰痛があるが、これは腰椎や椎間板の劣化に起因する。骨の劣化そのものは、大きく止めることは難しいのだが、それを補完するために腰回り、特に腹筋と背筋を鍛えることが推奨される。

こうした目的は、ゴルフやテニスのような一般的なスポーツでもそれなりには満たせるが、やはり基本は競技を楽しむことを目的としているだけに、「体を鍛える」ところまで持って行くには相応の自覚が必要となる。もっとも、バレエをやっていた時は、下手すると練習の翌日は壁に手を突いて歩くほどの筋肉痛になったものだが。
その点、「肉体をつくる(健全な肉体に健全な精神が宿る)」ことを目的としたヨガは、私の要求に適合していた。実際にやってみると、予想外に脚(部)を鍛えることに驚いたが、これは野生動物が歩けなくなると死ぬことに象徴されるように、人間もまた「健脚」こそが健康の源ということらしい。もっとも、脚を鍛えると言っても、内転筋のような内側の筋肉なので、一般的な競技スポーツとは鍛えるところが少し異なるのだが。
これはヨガ全体に言えることで、日常生活では使われない筋肉を敢えて酷使することで(変なポーズをする)、肉体全体のバランスを整えるという発想のようだ。
とはいえ、実際のヨガはそれなりにハードなのだが、苦しいポーズを維持するかどうかは自分の判断次第となるので、「自分の肉体と向き合う」側面が強い。もっとも、ヨガは「苦しくても堪える」ことを推奨はしていないので、その点気が楽と言えば楽なのだが、やはり自律能力(セルフコントロール)が求められる。私的には、この「自分の肉体と向き合う」時間と感覚が気に入っている。

また、ヨガの良いところは年齢と無縁の点であろう。世に言う「ヨガの達人」はみな筋肉質の高齢者であり、むしろ痩せている印象が強い。私も長く続けられたらと考えている。
今のところ、バレエをやめてから太った5kg超分のダイエットには成功していないものの、これはどうやら筋肉がついてしまったためのようで、ジャケットの肩幅がきつくなってしまっている。もともと格闘家の人に「何か(格闘技を)されているのですか?」と聞かれるような体つきなのに、ますます「それっぽく」なってしまっているようだ。
上記の理由から、ヨガは「スポーツは苦手だけど、何か肉体を鍛えたい」という人にお勧めである。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: