2016年01月31日

歴史修正主義への最後の抵抗か

【フィリピン訪問の両陛下、大統領主催の晩さん会に出席】
 フィリピンを公式訪問中の天皇皇后両陛下は27日、ベニグノ・アキノ大統領主催の晩さん会に出席された。天皇陛下は第2次世界大戦で多くのフィリピンの人々が犠牲になったことは日本人が決して忘れてはならないことだと述べられた。
(1月29日、AFP)

帝の健康状態は決して良いものではないと聞くが、それを押してのフィリピン行き。画面で見ても、顔色は悪いし、むくんでいるように見える。
「第2次世界大戦で多くのフィリピンの人々が犠牲になったことは日本人が決して忘れてはならないこと」、これを言わんがためだったと思えてならない。自公政権下で突き進んでいる歴史修正主義−侵略性と戦争犯罪の否定、戦争と権威主義の美化−に対する強い懸念の表れと見るべきだろう。「日本人が決して忘れてはならないこと」というのは、裏を返せば「多くの日本人が忘れてしまっている」ということだからだ。
この背景事情はすでに述べているが、再掲しておきたい。
一義的には、平成帝自身が戦後民主主義と現行憲法の信奉者であり、立憲主義と平和主義を根底から覆そうとする自民党・安倍一派の動きに対し、非常な危機感を抱いていることがある。
詳細は先の稿を参照していただきたいが、安倍一派は、福祉国家モデルに替わる国家像を権威主義に求め、その求心力として天皇を考えていると思われ、具体的に「教育現場における君が代の強制」という形で現れている。だが、先の大戦でかろうじて戦犯指定を逃れて「国民統合の象徴」の座を手にした天皇家が、再び政治利用にさらされ、自民党の政治責任の「身代わり人形」にさらされようとしているだけに、賢明なる平成帝としては皇室の未来を憂い、必死にならざるを得ないのだろう。

もう一つは「獅子身中の虫」である。小さくなった皇室でも必ずしも一本化されていないようで、帝と皇太子は政治観においてほぼ一致しているようだが、例えば秋篠宮は安倍一派・極右に同調姿勢を示している。秋篠宮が主な公式行事への参加(帝の代理出席)から外されているのは、平成帝の意思の表れと見て良い。「皇位継承者の実父」である秋篠宮がこれほど露出しないでいるのは、他にも理由はあるが、「ファッショの同調者」と見られているからのようだ。
とはいえ、この「闘い」も宮内庁が安倍一派の手に落ちつつある中で、殆ど帝と皇太子が孤軍奮闘しているような有様になっているとも聞く。

いずれにせよ、権威主義・ファッショの暴走に対し、帝の「御聖断」に頼まざるを得ない今日の状況は、戦後の民主化が失敗に終わったことを示している。だが、戦犯を十分に処断せぬまま権威主義を温存した結果として安倍一派による立憲体制の破壊がもたらされているわけだが、同時に権威主義(国体)の本尊として温存された天皇制が立憲体制の最後の擁護者となってしまっている点は、あまりにも皮肉すぎるだろう。
再び御聖断頼み?)
posted by ケン at 00:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: