2016年08月13日

近藤良平版 ストラヴィンスキー『兵士の物語』

c220f98b05a6fb2cf59f2e0b6952872d.jpg
ストラヴィンスキー『兵士の物語』
【演出・振付】 近藤良平
【出演】 川口覚 北尾亘 入手杏奈  近藤良平
【演奏】 三上亮(Vl) 谷口拓史(Cb) 西久保友広(Perc) 勝山大舗(Cl) 長哲也(Fg) 阿部一樹(Tp) 玉木優(Tb)

日本では「知る人ぞ知る」ストラヴィンスキーの名作。偶然発見して、「日本では珍しいな」と思い、チケットを衝動買いして見に行った。三軒茶屋のシアタートラムというのも、便利だった。どうやら大々的ではないが、日本でもたまに演じられているようだ。

朗読と演劇と舞踏を併用した、小編成オケによる音楽劇。ヴァイオリン、コントラバス、ファゴット、クラリネット、コルネット、トロンボーン、打楽器群(複数の太鼓、シンバル、タンバリンなどを一人で駆使する)という、面白い7人編成が特徴で、民族音楽と即興ジャズ的な要素を交えた音楽が印象的だ。7人編成にもかかわらず、小さな劇場ということもあって、かなりの迫力だった。

ロシアの民話を下敷きに、ファンタジー要素満載ながら、兵役の悲惨さが強調される作品になっている。1918年という、第一次世界大戦直後の時代背景が伺われるが、7人編成のオケというのも、戦争の影響で人手や楽器が足りなくなっていることが配慮されているという。

近藤氏の舞台は、衣装も演出も自由な発想でつくられており、映像や影絵のモチーフを上手に使いつつ、観客も巻き込んでライブ感を出していた。本来は、ロシア人らしい暗いラストなのだが、全体的に軽妙につくりつつ、ストラヴィンスキーの味わいを失うこと無く、良いバランスに仕上がっていたと思う。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | バレエ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.geki-choco.com/next_stage/

さて時期も近づいてきましたのでご案内です。

もちろん東京シアタートラムでですよ。
オムスクとか行きませんって!
Posted by ケンケン at 2016年08月17日 16:44
ロシア公演とか凄いですね。ロシアは現存する数少ない演劇大国ですが、最近はどうなんでしょうねぇ。。。

11月2日あたりが良さそうですかね。先の話ではありますが。
Posted by ケン at 2016年08月18日 13:03
では11/2 19時で予約して大丈夫ですか?
場所は三軒茶屋なので待ち合わせどうしましょう?
Posted by ケンケン at 2016年09月28日 17:31
はい、よろしくお願いします。場所はおってまた。
Posted by ケン at 2016年10月03日 12:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: